つわりの時期、症状、対策【看護師が解説】

つわり

「つわり」は、妊娠や赤ちゃんがいることを実感できることから、妊婦さんにとっては、大切な体験の一つとも捉えられています。

しかし、一方で、吐き気などにより、妊婦さんの身体や日常生活に影響が見られるのも事実です。
正しい知識の下に、上手に乗り切りたいものですね。

つわりとは

つわりとは妊娠をした妊婦の50~80%の人が経験する症状です。妊娠6週頃からはじまり、16週ほどで落ち着くといわれていますが、臨月まで症状が続く人もいるなど個人差が大きいです。

つわりの原因はまだ詳しく分かっていませんが、妊娠するとヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが分泌されて、そのhCGの上昇とともにつわりの症状がでてくるので、ホルモンが関係しているとのではないかと言われています。

心理的なことが原因で、つわりの症状が変わるとも考えられています。

つわりが続く期間

妊娠 つわり

つわりがあるかどうか、続く期間や程度は人によって様々です。
生理が遅れてからすぐに始まることもあれば、妊娠7、8週頃になって初めて起こる方もいらっしゃいます。

つわりの終わる時期も様々で、妊娠10週頃に落ち着く方や安定期と言われる15週頃に終わる方もいらっしゃいます。
まれに長いと20週前後まで続く場合もあります。

つわりは、いつから始まるの?

つわりは、妊娠5 ~ 6 週頃より現れ、全妊婦の50~80%が経験すると言われています。
一般的に、経産婦より初産婦にその頻度は多いことが知られています。

つわりは、妊娠8週から11週がピークで、妊娠12~16週頃には、ほとんど消失します。

つわりの原因

つわりの原因は、未だ、はっきりとは、分かっていません。
しかし、いくつか要因として考えられるものがあります。代表的なものは、次の2つです。

1.ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)

hCGは子宮内の絨毛組織から分泌されるホルモンで、ステロイドホルモンやタンパク質ホルモンを分泌して妊娠の維持を図ります。

つわりの発症時期がhCG 分泌が高まる時期と一致することや、hCG 分泌過剰状態ではつわりの症状が強くなるといったことから、hCG の関与が大きいと言われています。

2.妊娠の受け止め方

妊婦さんのアンビバレントな感情がつわりに大きな影響を与えると考えられています。

アンビバレントな感情とは、相反する感情を持つことをいいます。妊娠というのは、嬉しい反面、生活を変える大きな契機となり、アンビバレントな感情が生まれやすいのです。

この感情は、決して、特別なことではありません。

妊娠の受け止め方について調査した結果では、「嬉しかった」が最も多かったものの、「驚いた」「困惑した」「心配した」と回答した女性も多いことが明らかになっています。

また、「嬉しかった」と回答した人の3割が同時に、「驚いた」「困惑した」「心配した」も選択していました。

このように、多くの妊婦さんが、喜びと同時に不安といった、相反する感情をもつのです。

つわりの症状

妊娠 つわり

つわりの症状としては、食欲不振、吐き気、嘔吐、唾液分泌亢進などがあります。

ほかにも頭痛や眠気、全身のだるさなど人により様々な症状が現れます。特に多いのは食欲不振、吐き気などです。今まで食べていたものが突然受け付けなくなったり、お茶を飲めなくなったり、ご飯のにおいをかいだだけで吐き気が出てきたり、はたまた急にすっぱいものを食べたくなったりと、その症状はさまざまです。
そのため食べられる食物がかなり制限されます。また、つわりは朝や空腹時に症状が強くなる傾向があります。
起きたとたんに吐き気におそわれることも多いです。そのためなるべく空腹の状況を作らないように、少量ずつ食べられるものを食べられる時に摂取するといいでしょう。
水分も一度にたくさん飲むと吐き気を催す場合もあるので、少しずつ含んでいきます。

つわりの3大症状

「吐き気」、「嘔吐」、「食欲不振」これら3つは、つわりの3大症状と呼ばれています。

早朝空腹時に現れやすいと言われていますが、つわりの症状は個人差が大きく、出現する時間帯や症状の程度も様々です。

「吐き気はするけど、食事はいつもどおり食べられる」という軽い人から「いつも車に乗っている感じ」といった終始不快感を抱く人まで、その程度には、かなりの幅があります。

つわりは、生理的変化の1つですから、大抵は、食事等を工夫しながら、症状が自然に消失するのを待ちます。

しかし、中には、重症妊娠悪阻(じゅうしょうにんしんおそ)といい、嘔吐を繰り返し、症状が強くなる中、「体重減少」「皮膚の乾燥」「尿量の減少」「発熱」などの全身症状をきたす場合があります。

重症妊娠悪阻になる頻度は、0.5%以下といわれていますが、つわりの症状が強い場合は、我慢せず、受診し、主治医に相談しましょう。

つわりの症状は、性格が影響する

つわりの症状や程度には、性格特性が関係しています。

1.内向的性格

内向的性格の人は、不眠、嗜好の変化、においへの過敏性等の精神的苦痛を訴えると言われています。

2.外向的性格

外向的性格の人は、嘔吐・頭痛・めまいなどの身体的苦痛を訴えると言われています。
心を率直に開くことができにくい傾向がある妊婦さんは、強いつわり症状を呈するとの研究結果も出ています。

つわりを軽減するには??

全妊婦の50~80%が経験すると言われる「つわり」。生理的変化の1つで、妊娠12~16週頃には、消失すると言われていますが、その不快感は辛いですよね。
無くすことはできなくても、少しでも軽減できる方法があれば、と考えてしまいますよね。

つわりが軽減する方法は、個人差が大きく、自分に合った方法を見つけることが大切だといわれています。

どんな方法も全ての妊婦さんに効果があるわけではありませんが、「効果があった」といわれているものをいくつかご紹介します。

1.便秘を予防する

極度の便秘状態は、吐き気を増すことが知られています。
便秘予防を意識することにより、消化管運動機能の低下を最小限にしましょう。

便秘予防は、妊婦のマイナートラブルである痔の発症予防にも役立ちます。便秘予防には、次の4つがお勧めです。

  1. 水分の多いものをとる
  2. 野菜やフルーツを多くとる
  3. ヨーグルトを食べる
  4. 繊維質の多い食物をとる

2.少量の食事を頻回にとりましょう。

そして、食事の後はお口をキレイにすることを忘れずに!
つわりは、一般的に空腹時に増強することが知られています。

体調のよい時をみながら、食べられる時に、食べたいものを少しずつ摂るようにしましょう。
空腹を予防するという意味では、「炭水化物を摂取する」こともお勧めです。

炭水化物は、胃の停滞時間が長いことから空腹を予防することができます。
空腹を避けるためには、少量ずつ、何度も食べ物を口にすることが大事なのですが、ここで気をつけて頂きたいのが、お口の中の清潔です。

歯磨きは、吐き気を誘発するので、できない妊婦さんも多くみられます。
中には、1度も行えなという方も。しかし、妊婦さんの歯周病は、放置すると早産のリスクを高めるなど、赤ちゃんへの影響がでます。

歯磨きができない場合でも、「うがいをする」「歯磨きティッシュで拭く」など、お口の中をキレイにするよう心がけましょう。

虫歯がある場合は、早めに受診し、対応をお医者様とよく相談しましょう。

3.食事を冷やして食べる

つわり時に食べやすい食べ物は個人差がありますが、比較的冷たくてのど越しの良いものが食べやすいと言われています。

食事を冷ますことにより、蒸気による臭いを避ける、また、味覚を鈍感にさせる効果があると言われています。
妊娠中は、特定のにおいに対して敏感になる方がいます。

冷やしたトマトや冷たいうどん、お豆腐や果物などが摂取しやすいです。
またビタミンB6を摂取することでつわりの吐き気症状を軽減させることができると言われています。
ビタミンB6はバナナやサツマイモ、玄米などに含まれているので積極的に取り入れていきたい食物です。

またつわりの時は食事準備する時もにおいで吐き気を催したりするので、無理をせずその間は家族にフォローしてもらうか、調理済みのものを買うなどして対応していきましょう。

4.心の安定を保つ

原因にも書いたように、つわりには、妊婦さんのアンビバレントな感情が影響しています。
つわりを軽減させるためには、妊婦さん自身の心の安定が大切です。

ストレスを溜め込み過ぎないよう、適度に発散し、心身ともにリラックスするように心がけましょう。
時には、外に出て、リフレッシュしましょう。激しい運動はできませんが、無理のない範囲での散歩やお買い物もいいですね。

友達や家族に気持ちを聴いてもらうことも大切です。
感情を抑えることなく、この時期は、周りに甘えましょう。

体調が変化すると、気持ちも揺れ動きます。突然、不安になったり、悲しくなったり、怒りが込み上げてくることもあるかもしれません。

周りの方々にも協力してもらい、上手にストレスを発散していきましょう。

これ以外にも、

  • 「しょうがを食べる」
  • 「ビタミンやミネラルの摂取」
  • 「朝食の前には、あまり動き回らないこと」
  • 「仮眠をとる」

なども有効だと言われています。

つわり対策

基本的に吐き気や嘔吐がある場合、「食べたいものを、食べたいときに、食べたいだけ、食べても良い」と言われています。
あまり栄養のことを気にぜすに、口にできるものを飲んだり食べたりすると良いでしょう。

食べていないと気持ちが悪いという方は、次の対策を参考にしてくださいね。

  • 起きてからすぐに食べられるように、枕元にクッキーやクラッカーなどを常備しておく
  • 外出中に空腹にならないように、バッグの中にも水分や食べ物を入れておく
  • 好きなことに集中できるようにする
  • 仕事や家事を無理してしない

つわりの時期は、身体全体がだるくて、食欲がなく、寝ていたいという方も多いでしょう。

自分が怠惰になったようで、罪悪感を抱く方もいらっしゃいますが、無理をせずに赤ちゃんと一緒に休んでいると思いましょう。

つわりは、必ずなくなるときが来ます。
身体に無理のないように過ごせるといいですね。

つわりの終わり方

つわりの始まりと同じで、終わり方にも個人差があります。

徐々に楽になる

  • 「つらい日が徐々に減っていきました」
  • 「食べづわりで食欲が増進していたけど、今は普通になりました」

など、徐々に症状が軽くなり、いつの間にか普段と買わない状態になっていたという方は多いです。

急に終わる

中には、急に終わる方もいらっしゃいます。
「昨日までつらかったにのに、急に元気になって、流産が心配です」という方もいらっしゃいます。

あまりにも心配なときは医師に相談してくださいね。
診察を受けて、安心することも大切です。

終わったと思ったらまた始まった

妊娠 つわり

つわりが落ち着いてしばらくたった後に、またぶり返すことがあります。
またつわり症状が始まってがっくり来る方もいらっしゃいますが、つわりは必ず終わります。

楽しいことを思いながら、前向きに過ごせるといいですね。

つわりが終わらない

ほとんどの妊婦さんは、妊娠中につわりが終わります。
でも、まれに出産するまでつわりの症状のような気持ち悪さが続く方がいらっしゃいます。

本当につらい毎日です。医師に相談してみましょう。
胃腸薬などで落ち着くことがあるかもしれません。

つわりが終わったあとの注意

つわりが終わったら、特に吐きづわりの後は、急に食欲が出てきてたくさん食べてしまうことがあります。

急な体重増加や胃腸の調子がおかしくなることがあります。

過度な体重増加は、妊娠高血圧症候群やその他の合併症のリスクがあります。

吐きづわりの後の食欲増進には、気をつけてくださいね。

でも、せっかくおいしく食べられるようになった食事は、楽しんで頂きたいので制限しすぎる必要はありません。

厚生労働省が発行している「妊産婦食事バランスガイド」を参考にしてみましょう。

「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の項目に分けられて、妊娠中の栄養バランスや食事の量がわかりやすく示されています。

カロリー計算などはなく、自分の食べたお皿の数で大まかな食事の量と栄養バランスが分かるようになっています。

つわりがない

身体の変化をほとんど感じない方もいらっしゃいます。
または、食欲増進だけで特別な不快感がないこともあります。

そんなときは、そのまま様子を見ましょう。
不快感がないことは、良いことです。

つわりのあるなしやつわりの程度が、赤ちゃんの元気さを反映しているわけではありません。
心配なことがあったら、受診して安心して過ごせるといいですね。

つわりが終わったら

安定期といわれている15週-16週頃に、つわりが治まる方が多いです。
そして、安定期からしばらくすると、胎動を感じる時期になります。

一般的に、初産婦さんは20週前後、経産婦さんはそれよりも1-2週ほど早く感じる方が多いようです。

胎動を感じられるようになったら、病院に行ってエコーで赤ちゃんを見なくても、赤ちゃんが動いている感覚があるので、ずいぶん安心できますね。

それ以降、体調が良くて妊娠経過に問題がないと、妊娠後半はとても早く過ぎる感覚があります。
赤ちゃんと一緒に楽しく妊娠期間を過ごせるといいですね。

受診の目安

水分さえ摂れなくなったり、頻繁に嘔吐したり、体重がどんどん減っていくようなら、受診をおすすめします。
この場合、身体の中の水分が奪われて、脱水症状を引き起こす危険があるからです。

これは、普通のつわりとは違って、「妊娠悪阻」と呼ばれる治療が必要な症状です。
ある程度の食事が摂れるようになるまで、点滴による治療が始まります。

当てはまる場合は、我慢しすぎないように早めに受診しましょう。

まとめ

つわりがあると、赤ちゃんがいるという前向きな気持ちがある半面、やっぱりつらいときもありますよね。
自分でコントロールできないストレスです。

多くは、胎盤ができ上がる妊娠15-16週頃にはおさまります。
あまり無理せずに、ゆっくりと休んで過ごせるといいですね。

参考文献

  1. 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.10 産科 第3版』P76
  2. 厚生労働省 「妊産婦食事バランスガイド」

個人差が大きいと言われている「つわり」。
妊婦さんと赤ちゃんの健康のためにも、自分に合った正しい方法を見つけ、無理なく過ごして行きましょう。

「症状が重いな」と感じたら、すぐに受診し、お医者様に相談することをお忘れなく。

人気の記事