産院の種類と選び方

自分に合った産院選びをしよう

病院や産院にはそれぞれに違った特徴があります。満足いくお産をするために自分に合った施設を選びましょう。

人気がある産院では早めに分娩予約をしておかないと、受け入れてもらえないこともあるので、妊娠が分かったら早めに決めるようにしましょう。

里帰りを考えている場合は里帰り先の産院の情報も集めて、分娩が可能か問い合わせて予約が必要な場合は早めにしておきましょう。

総合病院・大学病院

病院

産婦人科のほかに小児科や外科など、様々な診療科がそろっているので、妊娠中や出産時にトラブルがあっても、素早く対応ができるので安心です。

患者数が多いので待ち時間が長いことが多いです。

持病を持った方や多胎妊娠などのリスクがある妊婦さんは、総合病院を選ぶことが多いです。

さらにNICUがある場合は、赤ちゃんにトラブルがあった時も、すぐに対応できるので安心です。

小児科がある場合は、出産後引き続き診てもらえるので便利です。総合病院・大学病院はたくさんの患者さんが入院しているので、規則がしっかり守られており、 面会時間は融通が利かないことあります。

医師が複数いるので、診察と分娩で違う医師になることもあります。費用は安く済むことが多いようです。

個人病院

総合病院に比べ規模は小さいですが、診察から分娩まで同じ医師に診てもらえ、スタッフも少人数なので、コミュニケーションがとりやすいです。

入院中の豪華でおいしい食事や、きれいな病室などサービスが充実していいることが多いです。最近ではエクササイズ教室や、プールなどがあるところも増えています。

アットホームな感じが人気ですが、費用が平均より高額になることが多いようです。

費用が気になるときは一度問い合わせてみましょう。

助産院

助産院は助産師さんがお産の介助をする施設です。

医師がいないため医療処置は行えません。妊娠中の経過が順調で、健康な妊婦さんが利用できます。

アットホームな感じで、助産師さんから妊娠中の生活や、お産について指導を受けられます。

産科(周産期)専門病院

産科を専門としている病院で、小児科を併設しているところがほとんどです。

お産のための設備が充実していて、お産を扱う数も多く、地域のセンター的な役割をしているところが多いので、持病がある妊婦さんなどリスクがある人は安心して出産できます。

産院を選ぶ時にチェックする点

妊婦 病院 検診 問診

産院を選ぶときはまず自分がどんなことに重点を置くのかを考えましょう。

医師や看護師の対応、施設の設備や医療機器の充実度、待ち時間、分娩スタイルの種類などは産院によって大きく違ってくるので、後悔のないようにしっかり考えましょう。

各施設それぞれに長所や短所があるので産院を選ぶときは下記の事をチェックしてみましょう。

自分の性格や準備できる出産費用、希望のお産スタイルなども考えて選びましょう。

設備や衛生面、待ち時間はどうか?

院内は清潔に保たれているか、トイレなどの掃除は行き届いているか、医師やスタッフの制服や手は清潔かなどしっかり見ましょう。

建物の外観が新しくてきれいでも、院内がきれいかを見るようにしましょう。

設備で3Dエコーやカラーエコーが希望の人は設置してあるか、持病があり産後が心配な人はNICUや小児科があるかなどもチェックしましょう。

妊婦健診で何度も通うので、待ち時間も重要です。

待ち時間の長さはもちろんですが、上の子がいる人は連れて行けるのか、またエコーを旦那さんが見られるのかなどもチェックしましょう。

医師や助産師、看護師の腕は確かか?

医師、助産師、看護師とは、妊娠から出産まで長く付き合うことなるので、技術や評判はどうか確かめておくと安心できます。

世の中には様々な産婦人科医がいます。

腕は確かでも自分の意見を押し付けてきたり、いつも忙しそうでなかなか話しを聞いてくれなかったりすると、あまりいい気分はしません。

割り切れる人はいいですが、気になる人は口コミサイトや先輩ママさんから、情報を集めて選ぶといいと思います。

希望の分娩方法は可能か?

産院によって分娩の方法や方針は様々で、立ち会い出産ができない所や、会陰切開をするところなど施設によって全く違うので、希望の出産スタイルがある場合は、しっかり調べておくことが大事です。

過去のその産院で出産した人に聞くのもいいと思います。

個室か相部屋か?

個室の場合は、産後疲れているときに静かなのでゆっくりでき、周りの目を気にしなくていいなどの長所があります。

また面会の時も、周りの人に迷惑をかけなくて済みます。相部屋に比べ費用が加算され高くなることがあります。

相部屋の場合は同じ出産後の人と話ができ、1人きりにならないので気分転換ができるなどの長所があります。

費用は個室に比べ安いことが多いですが、施設によっては冷蔵庫や洗面台などを、共有しなければならないことがあります。

産後は疲れているので気を使わなくて済む個室の方がおすすめですが、初めて出産する人は1人きりになってしまうので、他の産婦さんと情報交換ができなかったり、赤ちゃんとの接し方を知ることができなかったりして、不安に思うこともあるようです。

産後は普段以上に神経質になっているので、普段から周りの目が気になる人や、人付き合いが苦手な人は個室を選ぶといいと思います。

自宅からの距離や車で通院する際は駐車できるか?

自宅からの距離が遠いと、経産婦さんやお産が進むスピードが速い人は、間に合わないことがあるので、なるべく自宅の近くの産院を選びましょう。

徒歩で通う人も臨月になると、お腹が大きくなり検診回数も増えるので、自宅の近くを選びましょう。

母子同室か母子別室か?

母子同室は、入院中から赤ちゃんと一緒にいられるので、家に帰ってからの不安も少なく、赤ちゃんとの生活リズムがつかみやすいです。

あまり寝てくれない赤ちゃんや、よく泣く赤ちゃんの場合は、産後ゆっくり休めないこともありますが、その状況に慣れてしまうので、自宅に帰っても不安が少ないです。

母子別室は預けている間は、ゆっくり休むことができますが、生まれてすぐの大切な時を一緒に過ごせないと、親子の関係がうまく築けなかったり、赤ちゃんに慣れないまま自宅に戻ってしまいます。

不安に思うことうや母乳育児がうまくいかないこともあります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、泣いたら授乳するので、母子同室のほうが母乳育児にはいいと思います。

そして、赤ちゃんはたくさんママに抱っこされることで、心が安定します。

母子別室の場合、新生児室に預けているときに、泣いている赤ちゃんを何度も長時間ほったらかしにしている様な産院は止めましょう。

生まれてからママがたくさん抱っこしてあげられる産院を選びましょう。

サービスはどうか?

食事の内容はどうか、お祝い膳はあるか、退院時のお土産はあるか、エコー写真はもらえるか、エコーDVDのはもらえるか、母親学級を実施しているか、その内容は充実しているかなどもチェックしましょう。

最近では美容院があったりエクササイズ教室やヨガ教室があったり、プールを併設している産院もあります。

緊急時の対応はどうか?

夜間にお産がはじまった時や、万が一トラブルが起きた時の医療態勢は整っているかなども知っておくと安心できます。

できれば常勤や非常勤の医師の数や、看護師の人数などもホームページなどでチェックし、十分な対応ができそうかなども知っておくといいと思います。

個人病院や産婦人科の場合は、他の病院との提携状態なども知っておくとさらに安心できますね。

検診費用や出産費用?

産院よって費用はまったく違ってきます。

また分娩スタイルによっても変わってきます。

聞きにくこともあると思いますが、後々のためにどのくらいかかるのか聞いておくといいと思います。

里帰り、転院、分娩予約などについて

希望する出産方法ある人はその出産方法ができるかが重要なので、それを最優先に考えて探しますが上記のような項目も確認し分娩予約をしましょう。

里帰りの場合は、実家からの距離、医師やスタッフの方針や自分との相性が心配になると思いますが、前もって一度通院してコミュニケーションを取っておくといいと思います。

出産は一生に何度もあることではないので、自分の納得いく産院を選びたいものですね。

最近では産科の減少で、分娩予約がなかなかとれず、自分が希望する産院で出産できないケースが多くなっています。

希望する分娩スタイルや産院がある時は、妊娠前からしっかりチェックしておき、妊娠が判明したらなるべく早めに分娩予約をしましょう。

何度か通院する中で自分との相性が悪い時や、納得でないと感じた時は転院するのもいいと思います。

転院を申し出るのは勇気が必要で、転院先を探したりするのは大変ですが、満足できるお産のためにあきらめず、納得いく産院をじっくり選びましょう。

転院するときは紹介状を書いてもらいましょう。

紹介状がないと検査をすべてやりなおさなくてはいけないので費用がかかります。

まとめ

産院を選ぶときはまず自分がどんなことに重点を置くのかを考えましょう。

医師や看護師の対応、施設の設備や医療機器の充実度、待ち時間、分娩スタイルの種類などは産院によって大きく違ってきます。

病院や産院にはそれぞれに違った特徴があります。

満足いくお産をするために自分に合った施設を選びましょう。

人気がある産院では早めに分娩予約をしておかないと、受け入れてもらえないこともあるので、妊娠が分かったら早めに決めるようにしましょう。