ヘアカラーは大丈夫?妊婦の美容院で気をつけること【正看護師解説】

妊娠中はいろいろ体調の変化が起こりやすい時期です。

美容院で使用されているカラー剤やパーマ液は大丈夫?と不安に思った人もいるのではないでしょうか。

ここでは、妊娠中に美容院へ行く時の注意点や、妊娠から産後の生活を踏まえた、ヘアスタイルのご紹介をします。

妊娠中でも、おしゃれをすることや気分転換など上手にしたいですよね!ぜひ、参考にしてみてください。

妊娠中のヘアカラーは大丈夫!?

医学的根拠はない

ヘアカラーやパーマ液は毒性があるという話を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

  • 頭皮から経皮吸収される
  • 内臓へ蓄積される
  • カラー剤に使用されているジアミンという成分は一部の海外では使用が禁止されている

などです。

とくに妊娠すると体調の変化もあり、赤ちゃんへの影響も心配になります。

実際のところ、どうなのでしょう。

結論から話しますと、いくつかの研究結果から、胎児への影響・危険性についてははっきりした答えは出ておらず、特に問題はないだろうと考えられています。

現時点では、医学的根拠はない話のようですね。

ただ、妊娠中は気をつけたい点があります。

ホルモンバランスの変化による注意

妊娠中の変化とは何でしょうか。

  • ホルモンバランスの急激な変化により、においに敏感になっている
  • 頭皮や皮膚が刺激に対し、敏感な状態になっている

以上から、普段は問題がなかった場合でも、カラーやパーマ剤の刺激臭で気分が悪くなったり、頭皮の痛みやかぶれ、かゆみが起こる可能性があります。

これらは個人差が大きいので、自分の体調と相談しながらできるのが一番ですね。

また、美容院はどの時期が自分と赤ちゃんにとってベストであるか、医師に相談することもオススメします。

筆者も妊婦健診で赤ちゃんの様子を確認してもらい、美容院へ行きたいことを医師に伝え、許可をもらってから行っていましたよ。

市販のカラー剤は使用してもいい?

結論から話しますと、市販液の使用は推奨されていません。

普段から自宅でカラーをしている人や、美容院へ行くことも大変だと感じる時期には、手軽に購入できる市販のカラー剤を選択したくなる気持ちはよくわかります。

しかし、市販のものは刺激が強いケースも多く、普段は大丈夫でもかぶれや発疹などのトラブルも起こりうるもの。

避けたほうが良さそうですね。

妊娠中、美容院に行く時期はいつがいい?

妊娠初期

妊娠4ヶ月頃までの時期です。つわりが厳しい人も多いですね。

初期は体調が安定しない人も多く、美容院へ行こうとさえ思えない人も。

においに敏感になっている時期でもあるので、初期は美容院へ行くのは避けたほうが無難ですね。

筆者は、担当の方のタバコの臭いがつらくなり、妊娠してからはその美容院には行けなくなりました。

妊娠中期

妊娠5~7ヶ月頃です。安定期といわれる時期です。

体調の良い時を選んで、無理をせず、この時期に行くのがベストです。

ただ、切迫早産など医師の指示で安静指示が出ている人などは、美容院の利用は控えましょう。

髪を切る時は、次回まで期間が長くあくことも想定し、産後も扱いやすいヘアスタイルやケア方法など、しっかり確認しておけると安心ですね。

妊娠後期

妊娠8ヶ月以降です。お腹がどんどん大きくなっていく時期です。

腰痛や恥骨痛、後期づわりが出る人も。体調を見極めるのも難しい時期です。

臨月では、いつお産が始まってもおかしくないので、美容院の利用は控えておいたほうがいいでしょう。

お腹が出てくると、シャンプー台でのシャンプーが辛くなります。

筆者もシャンプー台で仰向けの状態がつらく、意識が遠のく事態になり、とてもこわい思いをしたことがあります。

妊娠中の美容院での過ごし方について、工夫点や注意することなど以下でご紹介しますね。

美容院へ行く時の注意点

予約

  •  予約の時点で、妊娠している旨を伝えておく
  •  待ち時間が少なくて済む日、平日などを予約する

体調を優先する

  •  体調が良い日を選ぶ
  •  体調が優れなければ、予約をしていてもキャンセルする
  •  こまめにトイレに行かせてもらう
  •  体勢を変えたり、クッションを貸してもらうなど工夫する

短時間メニュー

  •  シャンプーはしてもらわない
  •  カットとカラーは別の日にする

美容師に事前に伝えておいたほうが良い理由

予約する時点で、あらかじめ妊娠していることは伝えておきましょう。

事前に伝えることで、美容院側も妊婦を受け入れる準備をしてくれたりメリットが多くあります。

筆者の経験では、主婦層が多く来店する美容院や、ママさん美容師が多く働いている美容院の方が、細かなことにも気づいてくれるので、妊娠中も安心でしたよ。

体調を気遣ってくれる

いろいろ待ち時間が発生しやすい美容院。

同じ姿勢で座っているのも妊婦はつらいものですよね。

なるべく、待ち時間が少ない日を選んで行くことも大事ですが、つらい時は我慢せず声にして伝えましょう。

美容院側もいつもより声をかけてくれたり、配慮してくれるでしょう。

シャンプーの仕方を配慮してくれる

シャンプーなしのドライカットを選択するのも1つですが、美容院によっては、上半身のみが倒れるイス型のシャンプー台を使用してくれます。

どの角度が一番楽かなど、一緒に検討してくれるでしょう。

刺激の少ないカラー剤を使用

美容院によっては、妊娠中の方はカラーをお断りしているところもあります。

予約の時点で、確認しておくことも必要でしょう。

また、頭皮に低刺激なカラー剤などの使用も勧めてくれることもありますよ。

白髪染めをしたい人にとっては、妊娠したからといって、カラーができなくなるのはつらいものがありますよね。

そんな時は、植物性のヘナで染める方法もあります。

いろいろ美容師と相談しながら、カラーも安全に楽しめるといいですね。

おすすめのヘアスタイル

出産すると、赤ちゃんのお世話でいっぱいになり、しばらくは自分の髪の毛のお手入れはできなくなります。

筆者は赤ちゃんとのお風呂に慣れるまでは、自分の髪の毛を洗うのは1日置きにするほどでした。

でも、お宮参りや人に会うのも多くなる産後。少しでもお手入れが簡単で、気に入ったヘアスタイルで過ごしたいですよね!

産後は、なかなか美容院にも行けなくなります。

妊娠中に産後のことも見越したヘアスタイルを美容院で相談してみましょう。

産後のヘアスタイルのポイント

邪魔にならない髪形

ショートヘアが一見良さそうに思いますが、伸びた時のことも考慮しましょう。

伸びてきた時に、結べる長さ、ボブ~ミディアムくらいがちょうど良さそうですね。

シャンプー、リンス、ドライヤーに時間がかからない髪の長さ

ロングへアはお手入れがしにくく、産後は大変だという先輩ママの声が多いです。

授乳中など赤ちゃんの顔に髪がかかったりすることも。お団子にひとつにまとめたり清潔にすることも必要です。

痛み、ぱさつきが気になりにくいカラー

産後はホルモンの影響で、髪の毛の痛みやぱさつきが出る人もいます。

カラーは、なるべくナチュラルカラーがおすすめです。

また、軽めのパーマをかけておくとダメージが目立ちにくくなり、お手入れも簡単になりますよ。

おすすめヘアスタイル BEST3

筆者の独断ですが、産後に楽だったヘアスタイルをご紹介します。

3位 ショートボブ

短すぎず長すぎず、気に入っていました。

寝癖がついてしまった日は、1つに結べる長さなので楽でしたよ。

空気感をたっぷり入れてもらってくださいね!

2位 ゆるゆるウェーブボブ

やわらかいウェーブなので、優しい印象にみえます。

髪が伸びてきても、良い感じのクセ毛のように見えるので、しばらく美容院に行かなくても大丈夫でした。

1位 ワンカールボブ

ワンカールあるだけでお手入れがとても簡単になります。

ブローしなくても整っているように見えるので、産後は本当におすすめです!

デジタルパーマをかければ、乾燥するとクセが出てくれるので楽にセットができますよ。

まとめ

出産後は、なかなか自分のための時間を作れないことが多いですね。

でもヘアスタイルは、産後のママであっても気分の上げ下げを左右する大事なもの。

ぜひ、妊娠中に産後のことも視野にいれた、お気に入りのヘアスタイルを手にいれましょう!