妊婦の飲酒や危険性について【正看護師が解説】

酒 ビール

普段からお酒が大好きで、毎日のようにお酒をたしなんでいる生活を送っている人にとっては、妊娠したからといって、お酒が飲めなくなるのはつらいものですね。

なぜ妊娠したら、お酒を控えなければならないのでしょうか。

お酒の害について正しい知識を持つことで、誘惑に負けない自分を作ることが大切になります。

以前までは、少量のお酒であれば妊娠中でも飲んでよいという情報をよく見かけました。

しかし、アルコール摂取量の安全基準値には、個人差があり、明確な量はわからないのが現状です。

妊娠中の飲酒は乳幼児期だけでなく、それ以降の発達にも影響が出ることが指摘されています。

そのため現在は、妊娠したら禁酒するよう指導されます。

そこで今回は、

  • 妊娠中の飲酒がいけない理由
  • 飲酒が及ぼす影響
  • 気付かず飲酒してしまったら?

について重点的にお話します。

妊娠中はお酒を飲んではいけない?

飲酒がダメな理由

赤ちゃんは、ママのお腹の中で胎盤を通し、ママと繋がっています。

胎盤を通して、赤ちゃんの成長に必要な酸素や栄養が送られます。

ママが妊娠中に飲酒をすると、アルコールが胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまうのです。

お腹の中の赤ちゃんは、大人よりもはるかに小さく、また肝臓の機能が未熟なため、アルコールの分解ができません。

そのため、赤ちゃんの体内に大量に入り、長くアルコールがとどまるため、強い影響を受けてしまいます。

胎児性アルコール症候群といって、胎児の正常な発達が阻害されてしまうのです。

料理酒は大丈夫?

和食や煮込み料理、臭み消しなど、調理する時に料理酒はよく使われますね。

料理酒もアルコールです。みりんにもお酒が入っています。

これらも控えたほうが良いのでしょうか?

答えは、使用しても大丈夫です。加熱する時点でアルコールは飛ばされるため、問題ありません。

しっかり加熱させて調理しましょう。

また、本みりんではなく、みりん風調味料にはアルコール分がほとんど入っていないため、心配な人はこちらの使用をしてもいいでしょう。

そのほかに、洋酒付けフルーツのケーキやお酒入りチョコレートなど、お酒が入っているお菓子は控えましょう。

ノンアルコール飲料は飲んでも良い?

ノンアルコール飲料はビールだけでなく、チューハイにもたくさん種類が出ていますね。

これらは飲んでも大丈夫なのでしょうか?

ノンアルコールと表示されていても、実際はアルコールゼロのものと、1%未満のアルコールが入っているものがあり、注意が必要です。

ノンアルコール飲料だからといって大量に飲むと、アルコールを摂取してしまうことになるので気をつけましょう。

またアルコールの代わりに、添加物がたくさん入っているものもあります。よく表示を確認してから選ぶことも覚えておきたいですね。

ノンアルコール飲料は、本物のアルコール飲料よりは赤ちゃんへの影響は少なく、禁酒が難しいママは上手に利用してもいいでしょう。

ただ、妊娠前に依存的に飲酒をしていて、現在禁酒をしている人は注意が必要です。

妊娠によるストレスで飲酒を再開したくなる危険があります。かかりつけ医や専門医に相談しながら、禁酒を継続させましょう。

妊娠中にアルコールの影響が出るのはいつから?

女性

妊娠中のアルコールは、胎盤ができる前なら影響が少ないという情報もあります。

しかしながら、胎盤のできる前の妊娠初期から、アルコールの影響が出た事例もたくさんあり、いつまでなら大丈夫という基準はありません。

結論は、妊娠が判明した時点から禁酒することです。

 妊娠0~4週 : 超初期

妊娠超初期と呼ばれる0~4週は、前回の生理開始日から32日間にあたります。

まだ妊娠に気付かない人がほとんどではないでしょうか。

この時期は胎盤はできていないため、赤ちゃんへの影響は少ないと言われています。

しかし、大量の飲酒の場合は、流産や胎児性アルコール症候群の危険があります。

妊娠を望んでいるママは、妊娠前からお酒を控えておいたほうが安心ですね。

 妊娠4~15週 : 初期

妊娠初期は、赤ちゃんの主要臓器や骨格などが作られる、大事な時期にあたります。

この時期の飲酒は、胎児性アルコール症候群の危険性が大きく出ます。

特異的な容貌や奇形などのリスクが高いです。

妊娠が判明したら、飲酒は控えましょう。

 妊娠16週以降 : 中期~後期

 中期以降のアルコール摂取は、赤ちゃんの発育不全や中枢神経系の異常が生じる可能性があります。

 16週を過ぎると、つわりも落ち着き、体調も少しは楽になる時期ですが、飲酒は引き続きしないようにしましょう。

妊娠中の飲酒が及ぼす影響

一昔前までは、妊婦の飲酒は少しなら良いという専門家もいました。

しかし、今はどの妊娠期間においても、妊婦は禁酒しましょうと言われるようになりました。

胎児性アルコール症候群には、治療法がなく、唯一飲酒しないことが対策となります。

胎児性アルコール症候群について詳しく見ていきましょう。

胎児性アルコール症候群とは

アルコールの影響で、胎児の身体に形成不全が現れること。

また、発達の遅れが見られることをいう。

具体的に身体面と精神面に分けて見ていきます。

身体面への影響

特異的な容姿 : 頭囲が小さい・小さい目・低い鼻・上唇が薄い

身体障害   : 難聴・まっすぐ歩くことが難しい

発育の遅れ  : 出生時の低体重・栄養とは関係のない体重減少・低身長

厚生労働省によると、1日60g以上のアルコール(ビール1.5L相当)を妊娠初期に飲酒していた母親から生まれた赤ちゃんは、体重や頭囲が明らかに小さいという調査結果が出ています。

精神面への影響

身体面の影響は、子どもが成長していくことで次第に目立たなくなっていきます。

しかし、胎児性アルコール症候群の影響は、乳幼児だけでなく学童期以降にも及んでいきます。

大きくなるにつれ、ADHD(注意欠陥多動性障害)やうつ病、学習・衝動コントロール、対人関係などの障害になっていく危険があることがわかってきました。

参照 : 厚生労働省 胎児性アルコール症候群

妊娠中に気付かず飲酒してしまったら?

妊娠に気付かずに、判明後「あの時飲んでしまった!」と冷や汗をかく経験をした妊婦はたくさんいるのではないでしょうか。

女性の妊娠する世代が一番、飲酒する機会が多いからです。

飲酒や薬、喫煙などでも同じことが言えますが、気付いた時点から、止めるしかありません。

また、かかりつけ医にきちんと事後報告にはなりますが、伝えましょう。

情報提供することで、医療者側も異常の早期発見の視点が持ちやすいです。

禁酒することにストレスを感じることなく過ごせる人は問題ありません。

しかし中には、禁酒に対し強いストレスを感じる人は、アルコールに対する依存性が心配です。

専門医との連携により、強い意志を持って禁酒をする必要があります。

授かった命を守るために、できること、やるべきことに取り組みましょう。

まとめ

妊娠したからといって、今までの嗜好品を全て絶つというのは至難に感じる人もいるでしょう。

逆に、今までは大好きだったお酒が、妊娠してからまったくいらなくなったという人もいるでしょう。

妊娠・出産・子育ては人生のリセットだと感じる人もたくさんいます。

嗜好品に依存することなく、上手に付き合いたいですね。