34週の赤ちゃんの様子は?出産に向けてママの体と赤ちゃんはどう変化するの?【看護師が解説】

妊娠 妊婦

妊娠34週というと、妊婦生活にもなれ、出産に向けてドキドキしている頃ではないでしょうか。

人にもよりますが、働いている方は、産休にはいる頃ですよね。

出産はまだ少し先ですが、お腹も大きくなり、胎動も活発に感じられる頃です。

赤ちゃんは、体重は平均2000グラムを超えるほどになり、内臓の機能も整ってきます。

母体も、出産に向けて準備が進み、血圧が上がりやすくなったり、骨盤の痛みがひどくなったり、お腹が張りやすくなったり…と体調の変化が起きやすくなります。

34週から出産に向けて、母体も赤ちゃんもどのように変化していくのか、看護師で、3人の母である筆者がお話しします。

妊娠 妊婦

妊娠34週目母体の変化

34週頃は、出産に向けて母体が大きく変化する頃です。

具体的には、どのように変わっていくのでしょうか。

お腹の様子

赤ちゃんの成長に伴い、お腹もどんどん大きくなってくるので、妊娠線ができやすい時期です。

大きな子宮が胃を圧迫し、胃がもたれ食欲がなくなることもあります。

反面、出産に向けて赤ちゃんが骨盤の中に下りてきて、胃の圧迫が軽く楽になり食欲が増す妊婦さんも多くなる頃です。

また、本当の陣痛と違い不規則なことが多いけれどお腹の張りと痛みがある…という前駆陣痛など、出産に向けてお腹が張り痛みを感じることも増えてきます。

体調

母体の変化により、様々な体調不良を感じる時期でもあります。

お腹の張りや痛みに加えて、胃もたれや、体の循環血液量も増え、貧血にもなりやすくなります。

ただでさえ、大きなお腹を抱えている中で、だるさを感じる方も多いでしょう。

大きな子宮で腸も圧迫されますし、ホルモンバランスの変化により便秘にもなりやすく、排便の度にいきむことにより痔にもなりやすいです。

体調不良は辛いですが、赤ちゃんのためにあと少し…と思ってもう一頑張りの時期ですね。

頻尿

よくある悩みのひとつとして頻尿もあります。

妊娠初期の頻尿とは異なり、この時期の頻尿は妊娠による循環血液量が増加してことにより、腎機能が活発になったことと、子宮が大きくなり、物理的に膀胱が圧迫されるようになったからです。

また、この時期の頻尿そのものは問題がないことが多いですが、まれに膀胱炎が原因となっていることがあります。

妊娠中は免疫力の低下などにより膀胱炎になりやすいので、自己判断はせずに、残尿感がひどい、尿がにごるなど他の症状がある場合は病院で相談しましょう。

むくみ

むくみは、浮腫ともいい、余計な水分が体にたまってしまい体がむくんでしまうことです。

妊娠後期は赤ちゃんを育てるために、血液中の水分が増加し、循環血液量が増えるため体が水分をため込みやすくなりますし、血管が圧迫され体の循環も悪くなるので、水分がたまり易くなりむくみ(浮腫)を引き起こします。

また、妊娠後期のむくみ(浮腫)は、問題のないことが多いですが、妊娠高血圧症候群など病気が隠れていることもありますので、むくみ(浮腫)が見られる場合は、病院で相談した方が安心です。

妊娠34週目胎児の様子

妊娠34週となると、赤ちゃんの内臓機能はほぼ完成に近づき、赤ちゃんらしい体つきになってきます。

母体が出産に向けて準備をしている中、赤ちゃんはどのように成長しているのでしょうか。

エコーでの様子

赤ちゃんも大きくなり、エコーで全身を同時に見るのは難しくなる頃です。

内臓の様子もよく観察できるようになりますので、今までのエコーではわからなかった病気がわかることもあります。

反面、性別の判断が今までは外性器の様子からだったのが、女の子であれば子宮が見えるなど、より確実にわかるように。

また、赤ちゃんを立体的に見ることができる3Dエコーでは、子宮の中で赤ちゃんが大きくなり、狭くなってきているので、胎盤や手足などが邪魔をして顔などをはっきり見ることは難しくなってきます。

胎動あるかないか

まだまだ胎動が活発な時期ですが、胎動に関しては個人差が大きいです。

赤ちゃんが大きくなり、子宮内が狭くなり、赤ちゃんもおりてきて骨盤内におさまってくると物理的に動きにくくなり、胎動が減ることもあります。

しかし、人によっては、臨月に大きくなった赤ちゃんにろっ骨を蹴られ骨折してしまって…という人もいるので、活発な赤ちゃんもいます。

また、胎動は赤ちゃんの様子を知る大切なバロメーターでもあるので、胎動が急に減った、なくなってという場合は早急に受診しましょう。

胎児の成長

内臓機能もほぼ完成に近い時期ですが、これから出産に向けてまだまだ成長します。

内臓機能が完成してきているといっても、まだあと少し。

34週頃に、肺を完成させれば、内臓は完成です。

また皮下脂肪を増加させ体重も増え、より赤ちゃんらしいふっくらした体つきになります。

34週目の注意点

妊婦さんは出産に向けて、緊張している頃ですよね。

具体的にはどのようなことに、気を付ければ良いのでしょうか。

安静・運動は医師の指示通りに

正期産まではまだ少しあるので、切迫早産の兆候のある方などは安静を指示されているかもしれません。

しかし、適度な運動はむくみ(浮腫)の改善や体力の維持にも良いので、自分の体調に合わせて運動をどうするか考えましょう。

前期破水に注意

陣痛が始まる前に破水してしまうことを前期破水といいます。

正期産までは、まだ先ですが34週で破水してしまう妊婦さんもいます。

胎児の体は完成に近づいていますが、正期産まではまだ1カ月近くも先。

もし破水した場合は、すぐに病院へ行きますが、破水かも?とわからない時は、受診する、病院に電話するなど、病院の指示を確認し自己判断しないようにしましょう。

遠出はしない

34週より前からも指示されている方も多いでしょう。

正期産まではまだ先でも、早産を引き起こしやすい時期です。

何かあったらすぐに病院に行けるよう、母子手帳をいつも携帯し、遠出は避けましょう。

体調の変化に注意

妊娠高血圧症候群や貧血も多い時期です。

正常範囲でも、むくみ(浮腫)や胃のたれ、だるさなど多い時期ですが、いつもと違うなど心配な時は病院で相談しましょう。

貧血に加えてお腹も重くなるので、立ち上がった時にふらついて転倒…なんてことのないよう、自分の行動にも注意が必要です。

おしるしに注意

おしるしとは、出産が近づくにつれ、子宮が収縮した際など、赤ちゃんを包む卵膜が子宮壁から剥がれた出血で、個人差はありますが、おりもののような感じです。

出産はまだ先ですが、おしるしが見られる方もいます。

おしるしからすぐに出産とは限りませんが、体調の変化には注意しましょう。

今後に向けての準備

今まで働いていて、産休にはいった…という方は、やっとゆっくり時間のとれる時期です。

準備をしっかりして、安心して出産を迎えましょう。

入院準備の再確認

病院の指導により、既に入院準備をしている方も多いのでは。

出産目前となり、衣類など季節はあっているか?新たに必要となったものはないか?など再確認をすると安心です。

陣痛や破水の際の受診方法

タクシーか家族に送ってもらうか、その他の手段か…など人それぞれです。

いざという時に慌てない用、タクシーの番号をわかりやすいところに掲示しておくなど、家族に送ってもらう場合は家族もお酒を飲まない、遠出は避ける、会社の人に伝え理解を得る…など準備しておくと心強いですね。

赤ちゃん用品の最終確認

34週となると、もう準備をしているという方がほとんどではないでしょうか。

買っただけで…お下がりがあるけど…という方は、衣類の水通しの時期です。

洗濯物が乾きやすい日に水通しをしましょう。

産後に用意すれば良いものもありますが、退院後すぐ使うもので、足りないものはないか、しっかり確認します。

入院中に準備して欲しいことを家族と確認

入院中は、母親は自宅のことができないですよね。

退院時は、赤ちゃんと一緒に帰宅…ということがほとんどなので、産後の疲れも残る中、まったなしの育児が始まります。

少しでの円滑に生活できるよう、お湯やベッドの用意など退院直前に準備しておいて欲しいことは、伝えておくなどしましょう。

自宅を赤ちゃん仕様に整える

出産後、赤ちゃんと過ごしやすいよう、家具や衣類などの配置を家族と協力して、準備しましょう。

入院中に、両親や夫に頼むという方法もありますが、可能ならば自分で見て確認した方が、安心です。

大きな家具の移動や衣類やおむつのセッティングなどは、入院中に母親が不在の時なくとも、出産前でも大丈夫ですよね。

上の子との時間を思う存分楽しむ!

特に働いている場合は、なかなか時間がとれなかったかもしれません。

産休にはいるなど、時間に余裕ができる場合、上の子との時間を思う存分楽しみましょう。

遠出はできませんし、人によっては安静の指示がでている人もいるかもしれませんが、のんびりお話をするだけでも十分です。

赤ちゃんが生まれるとゆっくりした時間もとれないので、本当にいまのうちに…。

まとめ

  • 34週は出産に向けて、母体も赤ちゃんも変化していく。
  • 母体は、お腹が大きくなり妊娠線ができやすくなり、前駆陣痛も増えてくる。
  • 赤ちゃんが骨盤内におりてきて、圧迫されていた胃が楽になる、胎動が減ったと感じる人もいるが、個人差が大きい。
  • 正常でも様々な体調不良が起きやすいが、妊娠高血圧症候群などの場合もあるので、自己判断しないで病院で相談する。
  • 赤ちゃんは、2000グラムを超えて内臓も完成に近づき、皮下脂肪がついて赤ちゃんらしい体つきになっていく。
  • 34週頃の注意点は、遠出はせず、体調の変化に注意し、破水やおしるしなどの可能性もあるので、よく観察する。
  • 入院準備、陣痛時の受診方法、退院後の生活の準備など家族とよく相談して早めにすませておく。