妊娠初期の出血とはどのようなものか?【医師が解説】

今回は妊娠初期に起こる出血症状に関して解説させていただきます。

妊娠すると赤ちゃんを育てるために急激な身体の変化に伴います。そしてそれはいつも自分が感じている自覚症状にも変化がでてくるものです。

そんな時出血に限らず現状の自分の身体は正常な状態であるのかどうか不安に感じてしまう方も多いかと思います。

そんな中今回は特に妊娠中の性器出血を取り上げてどんな時が危険かどうか、読んでいただいてる方の不安が少しでも解消されるように取り上げてみたいと思います。

出血の種類とは?

妊娠をすると子宮への血流がよくなりちょっとしいたことでも出血しやすくなります。

そのため問題のないこともありますが中には重大なサインを示しているものがあるので注意が必要です。

ここではどのような出血が危ないのかいくつか種類を分けてご紹介します。

月経様出血

着床時出血とも言われます。着床時と言われるくらいなので妊娠における本当に極初期の症状です。

この出血に関しては特に問題になる症状ではありませんがそもそも本人が妊娠自体に気づいていない頃である可能性が高いです。

性状としては本来の月経予定日である妊娠4週ころ、月経時のような出血をすることがあります。

通常の月経と比べて出血量は少なく2~3日で治まりますが実際のところ区別がつきにくいことが多いです。

この出血は受精卵が子宮内に到達し子宮の内膜にもぐりこむ時に起こる出血であると言われています。

子宮膣部びらん

膣の奥、子宮の入り口付近の粘膜がただれているために起こる出血です。

妊婦さんだけでなく若い女性の不正出血の原因としても多くみられます。

内診やセックスの刺激で起こるためお腹の痛みや張りはなく、出血も少量でおりおりものに血が混じる程度です。

これも生理的なものであるため心配はいりません。

子宮頸管ポリープ

子宮の頸部にできる良性のポリープのことです。

時々このポリープから出血することがありますが痛みはなくほぼ無症状です。大きさや位置によって必要に応じて妊娠中に切除することもあります。

内診・性交後の出血

受診時の内診や性交渉時の摩擦や刺激により出血を認めることがあります。

一般的に出血量は少量で1~2日で治まります。子宮膣部びらんや子宮頸管ポリープが重なっているとさらに出血しやすい傾向があります。

危険な出血

絨毛膜下出血

子宮の中で胎児を包んでいる絨毛膜という膜の外側に血液が溜まっている状態で、切迫流産の症状の一つでもあります。

通常はこの血種は時間が経つと子宮内で自然に吸収されていきますが出血の量によっては安静にすることを指示されます。

下腹部の痛みが伴う場合には注意が必要です。

胎盤が完成してくる妊娠4~5カ月くらいには症状が治まることが多いです。

切迫流産

妊娠22週未満の妊娠が安定しない状態をいいます。流産してしまった状態ではなくまだ妊娠は継続しています。

出血の他にお腹の張りや痛みなどが加わることがあります。

妊娠が問題なく継続していけば赤ちゃんに影響もなく、出産まで維持できますが安静にすることが必要とされます。

胞状奇胎

胎盤を形成する組織である絨毛で生じたトラブルによるものです。

絨毛が病的に増殖してしまいブドウのような水胞状の粒で子宮内を満たし、最終的には赤ちゃんを吸収してしまう病気です。

つわりの症状が非常に強いのが特徴で茶色のおりものや少量の出血が続くことがあります。

診断が確定した場合には妊娠自体はあきらめなければならず、なるべく早く病的な子宮内膜を除去する手術を行い、その後も経過観察をする目的で通院が必要となります。

異所性妊娠

子宮外妊娠ともいいます。受精卵が子宮の中ではないところに着床しそこで育ち始めてしまう状態を言います。

子宮外妊娠の98%は卵管に着床します。尿での妊娠反応が陽性とでてもエコー検査などで子宮内に胎児が確認できないことで疑われます。

また卵管での妊娠の場合これを放置しておくと受精卵の成長する大きさに卵管が耐えられずにいつかは破裂してしまいます。

そうすると大量の出血や激痛、血圧低下などのショック状態となり命の危険も生じます。

その場合には着床している卵管の部分を手術で切除する必要があります。

そのため子宮外妊娠と診断された場合は残念ながら妊娠の継続はあきらめなければなりません。

もちろん切除したとしても次の妊娠に関してはもう一つの卵管に異常がなければ十分に可能です。

子宮頸がん

子宮頸部にできるがんのことです。不正出血をきたすことで自覚することがありますが出血をきたす状態の場合はかなり進行していることも珍しくありません。

出血するまではほとんど症状がないのですが妊娠初期の検査がきっかけで発見されることもあります。

妊娠中にみつかる子宮頸がんの多くは異形成つまりがんの前段階の状態のものです。

そのため多くの場合は細胞診を行いながら経過観察を続けて出産に臨みます。

がんになっていても極初期のものである場合には妊娠を継続したまま子宮頸部を円すい状に切除することもありますが進行しているケースではできるだけ早期に帝王切開を実施後に子宮摘出術を行う対応をとります。

早期流産

切迫流産の項目でも少し触れましたが一般的には出血や下腹部の張り、痛みがあります。流産が確定してしまった場合は残念ながら妊娠の継続はできないことになります。

子宮内に赤ちゃんや胎盤などの組織が残っている場合はできるだけ早い時期にこれを摘出するための手術(処置)を行います。

早期の流産の場合そのほとんどはお母さんではなく赤ちゃんの側に染色体異常などをはじめとした原因があります。

出血の量、色、性状について

上記に示したとおり妊娠で出血をきたす原因はいくつかあります。

しかしそれは素人目でみてもなかなか判断がつきがたいことが多く自信ももてません。

そこで出血の種類に関して量、色、その性状に分けて緊急性の高いものから順に並べてみました。

緊急性の高いもの順

真っ赤、ピンク、赤褐色、茶色、薄茶色

量が多い、少ない

緊急性の高いもの順

  1. さらさらとした血液が流れ続ける
  2. レバー状のかたまりが出る
  3. 生理2日目くらいの量
  4. 500円玉くらいの量
  5. 下着につくくらい
  6. おりものに血が混じる程度

一概にこれらが全てに当てはまるとは言い切れないのですが真っ赤なさらさらとした血液が大量にみられる場合はすぐに受診をしてください。

対処の方法

上記の中でも緊急性の高い状態にあるときはすぐにかかりつけ医もしくは産婦人科のある医療機関へ連絡してください。

その際に産婦人科への連絡で伝えることは妊娠週数、出血の量と状態、出血の色、いつ気が付いたのか(朝トイレで、内診の翌日など)、お腹の張り、痛みの有無をゆっくりと落ち着いて伝えてください。

そのうえで医療機関側の指示をあおいでください。

まとめ

今回は妊娠初期の出血に関して出血の量や性状、その種類に関して解説させていただきました。

しかし上記にあげたようなものの中でたとえ緊急性のない出血の程度であったとしてもいざとなるとなかなか自分だけではその判断に自信がもてないものです。

ここで判断の材料としてのもう一つの重要なポイントは出血以外にその程度に関係なく下腹部の張りや痛みがあるかどうかだと思います。

これがあると妊娠中のトラブルである可能性が高くなります。

その場合は一人で悩まずになるべく早めに医療機関へ相談することが良いでしょう。

妊娠は自分の身体の健康だけでなく赤ちゃんのことも気にかけてあげなければなりません。そのためには身体の変化に敏感であることが大切です。