生理前と妊娠初期症状の見分け方【看護師が解説】

妊娠検査薬

妊娠すると生理にはならないのですが、妊娠していても生理の予定日頃に生理になりそうなお腹の違和感を感じる人も多いです。

妊娠の初期症状と生理が始まるときの症状は似通っています。

妊娠を心待ちにしていると、気になるところですね。

ここでは、妊娠初期の症状と生理の始まりの似た症状、どんなことで妊娠していると予測ができるか、妊娠検査薬を使うタイミングと注意点などをお話します。

生理前と思っていたら

生理が来そうな感じだから待っていてもなかなか生理にならず、受診したら妊娠していたということはよくあることです。

妊娠初期に感じる熱っぽさやだるさなども、風邪に似ている症状なので、勘違いすることがあります。

どんな症状が似てる?

妊娠初期の症状と生理前の症状とで似ている点を整理しました。

熱っぽい・眠い

妊娠後のホルモンの変化によって、眠気やだるさを感じることがあります。

また、排卵後にも眠気やだるさを感じる人がいます。

生理予定日付近に眠い、体がだるいなどの症状があるときには、風邪と間違うこともありますので注意しましょう。

出血がある

着床出血といって、生理予定日の1週間から数日前頃に少量の出血をすることがあります。

着床出血は、受精卵が子宮の内膜に着床したときに起こるとされています。

色は、赤、茶、ピンクなど個人によって様々です。

量は、おりものに血が混じる程度のものも多く、ほとんどが生理よりも少ないです。

だいたい1−2日程度でおさまります。

着床出血は、経験しない人もいます。

個人差がありますが、たくさんの出血はありません。

胸が張る

排卵後に胸の張りを感じる人もいます。

生理予定日を1週間過ぎても、胸の張りがおさまらない場合やより強い張りを感じるときには、妊娠の初期症状かもしれません。

下腹部痛・違和感

生理が始まりそうな、下腹部が重いような違和感を感じることもあります。

または、着床痛を感じる人もいます。

着床痛とは、生理予定日の1週間前くらいに、受精卵が子宮の内膜に入り込んで根を張るときに起こる痛みと言われています。

医学的に定義されていることではありませんが、よく耳にする言葉です。

妊娠初期症状はいつから?

妊娠初期症状は、生理が遅れていると気がつく頃に感じることが多いです。

早いと生理予定日辺りに、妊娠初期症状が出てくる人もいます。

ただ、着床出血があると生理が始まったと思い、眠気やだるさを風邪と勘違いしてしまうことがありますので、注意が必要です。

やっぱり生理だったと勘違いしやすいこと

生理が始まったと勘違いしてしまう症状に「着床出血」があります。

着床出血は、受精卵が子宮の内膜に着床したときの刺激で少量の出血をするといわれています。

着床出血が起こる時期は、生理予定日の1週間前から数日前頃といわれています。

生理予定日頃なので、生理と間違いやすいのです。

個人差がありますが、生理よりも少ない出血がほとんどで1−2日程度でおさまります。

基礎体温をつける

生理予定日付近に、生理のような出血が起こったとき、症状だけで妊娠か生理かを判断することは難しいです。

まさに生理だという出血がないと、わかりにくいですね。

でも、基礎体温をつけていると判断の材料になります。

一般的に、生理になると基礎体温は一気に下がります。

反対に、妊娠していると高温期が続きます。

基礎体温の変化を読み取ることで、妊娠しているかどうかをある程度判断できます。

妊娠検査薬を使うタイミング

妊娠しているかどうか、早く知りたいときには、病院に行く前に妊娠検査薬を使用するといいですね。

ここでは、妊娠検査薬を使うタイミングや使うときの注意点などについてお話しましょう。

検査をするタイミング

妊娠検査薬は、生理予定日から1週間たってから使うものが多いです。

妊娠すると尿にhCGが分泌され、だんだん増加します。

hCGの値が50mIU/mlを超えると、妊娠かどうかの判定ができるようになっています。

妊娠後のhCG分泌の速さは、様々で個人によって差があります。

妊娠の早い時期からhCG濃度が50mlU/ml以上になる方もいますし、生理予定日から1週間たっても妊娠検査薬に反応しないほど低い方もいらっしゃいます。

生理予定日より1週間たってから使用するものは、その時期を守りしょう。

生理予定日前に使用できる妊娠検査薬は、hCGの値が25mlU/mlで陽性反応が出ます。

性能が良い分やや高めです。

いずれにしても、妊娠検査薬の使用時期に応じて使用しなければ正しい判断はできません。

生理不順

生理不順の方は、生理予定日を推測するのが難しいですね。

もし、妊娠する可能性の高い性交日がわかっていれば、その日から3週間後に試してみるよ良いでしょう。

体外受精や人工授精の場合

体外受精の場合、妊娠判定は病院で決められている日がありますので、その日に妊娠判定となります。

その日より早い時期に妊娠検査薬をすることは、フライングですので正確な結果が出ないことがあります。

人工授精の方も、病院で指定された日があります。

または、排卵日に合わせて精子を子宮内に注入するので、受精から着床までは自然に受精した方と変わりがありません。

ですので、自然妊娠した方と同様に検査も生理予定日の1週間以降にしましょう。

妊娠検査薬を使うときの注意点

妊娠検査薬は、簡単に妊娠しているかどうかがわかる自分でできる検査です。

でも、妊娠検査薬を使うにあたって、いくつかの注意点がありますのでご説明します。

フライング

早すぎる使用は、正確な結果が出ないのであまりおすすめしません。

フライング前提で行うと、結果に振り回されてしまう可能性があります。

焦る気持ちもありますが、落ち着いて使える日を待てるといいですね。

蒸発線

陰性が出て判定時間が過ぎた後に、薄っすらと線が出て、陽性反応が出たように見えることがあります。これは、蒸発線といって陽性反応ではありません。

子宮外妊娠はわからない

妊娠検査薬では、妊娠したときに分泌するhCGに反応して妊娠しているかどうかを判断しますが、子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠についてはわかりません。

異常妊娠でもhCGは分泌されるからです。

子宮の中に妊娠している正常妊娠かどうかは、エコーで診てもらうのが一番です。

妊娠検査薬で陽性に出たら、受診した方がいいですね。

次に受診の目安をお伝えします。

受診の目安

妊娠検査薬で妊娠反応が出た後、いつ病院に行くのが良いのかお話しましょう。

生理が遅れて2週間後

生理が遅れて1週間だと約妊娠5週ですので、赤ちゃんの袋が見える頃です。

生理が遅れて2週間過ぎていると、妊娠約6週と数えます。

その頃になると、エコーで赤ちゃんが見えて心拍が確認できるかもしれません。

個人差がありますが、一般的に上記のような目安があります。

ただし、これは子宮の中に妊娠している場合です。

子宮外妊娠などは、エコーで確認しなければ診断できませんので、気になる人は早めに受診しても良いでしょう。

不安があるときは産婦人科へ

妊娠していても、正常妊娠ではない場合や医師の診察を受けばければわからないことがあります。

出血や下腹部痛など、普段と違う症状があったり、不安なことがあったりするようなら、早めに産婦人科を受診しましょう。

まとめ

妊娠初期の症状と生理の始まりの似た症状、どんなことで妊娠していると予測ができるか、妊娠検査薬を使うタイミングや受診の目安などをお話しました。

妊娠初期症状と、生理の前の症状は似ているところがたくさんあります。

妊娠検査薬を早く試したいという気持ちもたくさんの方がお持ちでしょう。

でも、正しく使用しなければ、正確な結果が出ません。

生理予定日から1週間が長く感じられるかもしれませんが、ゆったりとした気持ちで待てるといいですね。