妊婦さんの歯科検診はどんなことに気をつけるの?【正看護師が解説】

歯ブラシ

妊娠すると、つわりが起こる人が多くて歯科検診どころではない人も多いですよね。

忘れてしまったりして、結局行かなかった人も少なくありません。しかし妊婦さんにとって歯科検診に行くことは、とても大切なことなんです。

妊娠中はホルモンバランスが乱れて、心身共にさまざまなトラブルが起こりやすくなります。

妊娠中の口腔内は自浄作用が低下して、ほうっておくと悪化しやすい状態になります。

そのため歯科検診でしっかり診てもらうことが大切です。そして妊娠中の歯の健康は、妊婦さん自身だけではなく赤ちゃんにもかかわってくる問題なんです。

今回は妊婦の歯科検診についてや、妊娠中の歯の健康がどんな問題を起こすのか詳しく調べていきます。

歯科検診とは?

歯科検診とはどのようなことをするのでしょうか?

虫歯の有無のチェック

虫歯ができていないかチェックをします。

痛みがなくても進んでいる虫歯も存在しますので、虫歯がないと思っていたら、大きい虫歯ができていたということも妊娠中は少なくありません。

歯茎のチェック

歯茎と歯の間のポケットのことを歯周ポケットといいます。このポケットが深ければ深いほど歯周病が進んでしまっているサインとなります。

歯周病は悪化すると歯茎が崩れて歯が抜け落ちてしまったり、口臭の原因にもなります。また胎児にも関係のある、とても重要な問題となります。

歯垢チェック

歯にこびりついている歯垢のチェックをします。歯垢は誰もがついてしまうものですが、放っておくと虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

歯科相談

自分が今悩んでいることを医師に相談できます。奥歯で物が噛みにくい、冷たいものを取るとしみるといった日々の生活で悩んでいることを相談することができます。

ざっと上記のようなことを見ます。場合によってはレントゲンを撮る場合もあります。

けれど受診する歯科によっては歯科検診の内容は異なるので、予約時に一度確認してみてください。

妊娠中も歯科検診は必要か?

ではなぜ妊娠中は歯科検診が必要なのでしょうか?

早産につながりやすい

妊娠中に歯周病にかかると低体重児や早産のリスクが高くなると言われています。確率的には歯周病の妊婦さんは一般の妊婦さんより約7倍となります。

これは早産のリスクと言われている、タバコやアルコールより高い確率となります。

歯周病というと、口の中だけの問題かと思われがちですが、実は赤ちゃんにとっても関係性が強い問題なんです。

これは歯周病の炎症が、子宮収縮を促す物質を増やしてしまうことが原因ともいわれています。そのため、歯の健康は妊婦にとってはとても需要なのです。

赤ちゃんの歯の健康のため

ママが虫歯菌の「ミュータンス連鎖球菌」を沢山もっていると、ママの口から赤ちゃんにもうつってしまいます。

口移しなんてしないから大丈夫と思っている人も多いですが、生まれてきた赤ちゃんは何にたいしても興味をもちます。

ママの口の中に指を入れたりすることもありますし、ママが少し目を離したすきにおはしを口に入れてしまうなんてこともよくあります。

そのため赤ちゃんの歯の健康のために、妊娠中からママの口の中も健康に保つことが大切です。

妊娠中は虫歯ができやすい

妊娠中はホルモンバランスが崩れて、唾液が少なくなる人が多いです。

唾液は自浄作用といい、口腔内の状態を綺麗に保つ作用があります。

けれど唾液が少なくなると、口の中の細菌が活発に動くようになり、虫歯ができやすくなってしまいます。

また妊娠すると多くの人はつわりに悩まされます。特に食べつわりになると、空腹にならないように常に何かを口に入れることが多くなります。

飴やおにりぎ、を寝ているときも食べないと気持ち悪くていられないという人も多いです。そういう時は特に虫歯ができやすくなります。

いつも口の中に食べかすがある状態のため、つわりが終わった後、「何だか歯が痛いな…」という状態になることもよくあります。

そのため、妊娠中は歯科検診が大切なんですね。

歯科検診にいつ行くか?

住んでいる自治体から、妊娠したら母子手帳と妊婦検診の助成券が配られると思いますが、そこで一緒に妊婦歯科検診表を配られることが多いです。

多くの自治体は妊婦歯科検診は無料ですので、ぜひ行きましょう。

時期としては妊娠中とのことですが、やはり行くとしたら安定期に入ったころをお勧めします。

妊娠初期はつわりが始まり、口の中に器具が入るのも気分が悪くなる場合が多いです。また妊娠後期になると仰向けで横になることが大変難しくなります。

治療中に気分が悪くなってしまうことも考えられるので、そのためつわりもおさまった安定期の頃16~27週あたりに行くことをお勧めします。

ただし里帰り出産など考えている場合は、体調が良ければ少し早めに受けにいってもいいかもしれません。

歯科検診の予約方法

歯科検診の予約方法としては、妊婦歯科検診は住んでいる地区の妊婦歯科検診委託医療機関に直接予約をします。

妊婦歯科検診と一緒に、妊婦歯科検診委託医療機関の一覧がのっている票も一緒に渡されます。それには歯科医の一覧が乗っているので、好きな歯科医に直接電話予約をしましょう。

一番近い場所や人気のある歯科医など自分で好きに選ぶことができます。

ただし妊娠中は期間が限られていますので、確実に予約できる場所に予約をしましょう。

住んでいる場所によっては方法が異なる場合があるので、妊婦歯科検診表を確認するか、自治体に確認をしてみてください。

歯科健診の当日

妊娠 妊婦

歯科検診の当日はどういった所に気を付けたらいいでしょうか?

体調が悪い時の対処法

妊娠中は体調が、急に悪くなることも十分に考えられます。時間ぎりぎりになって、慌てることのないように、余裕をもって動きましょう。

もし朝起きて体調が悪いと感じたら、迷わず日程変更をしてもらう電話をいれましょう。無理をしてもいいことはないので、致し方ありません。

また改めて予約を入れなおすようにしましょう。またどうしても体調がすぐれない時は、かかりつけの産婦人科に受診することも忘れないようにしましょう。

持ち物

必ずもっていくものは、妊婦歯科検診表です。これがないと予約をしていても受けられないので、忘れないようにしましょう。

また母子手帳も一緒に忘れずにもっていきましょう。かかりつけの医院なら診察券も忘れずに。そして万が一のことを考えて、ナプキンなどももっていくと安心ですね。

子供がいる場合

子供がいる場合は、歯科医によっては小さい子供連れができないところもあります。

できるだけ誰かに預けられるなら預けていったほうが検診しやすいですが、難しい場合もありますよね。

病院によってはキッズスペースを設けている所や、診察室にベビーカーのまま子供を連れていけるところもあります。

そのため事前に予約する時に確認をしておきましょう。

妊娠中の虫歯にならないための方法

妊娠中はどうしても歯のトラブルにかかりやすいです。では、虫歯にならないようにするため、どのようなことをしたらいいでしょうか?

うがいをする

つわり中は気分が悪くて、歯磨きが十分にできない場合がありますよね。そんな時は、うがいをこまめにするようにしましょう。

それだけでも口の中の歯石や汚れをある程度取ることができます。またうがいだけでなく、マウスウォッシュが使える場合はより効果的です。

体調のいい時を見計らって歯を磨く

つわりなどの症状が強く出るのは人それぞれです。朝起きた時が一番つらい人もいれば、夕方が一番つらい人もいます。

そのため、辛い時は歯磨きするのを避けて、比較的症状が軽い時を見計らって歯を磨きましょう。一日1回でもするのとしないのとでは全く違います。

妊娠中の歯の治療はできる?

もし妊娠中に虫歯などがあることが歯科検診で分かったら、どうすればいいのでしょうか。そして妊娠中に可能な治療はどのようなものがあるでしょうか?

虫歯治療

妊娠中でもある虫歯治療は可能です。歯を削って、開いた部分に詰め物をして、といった一般的な治療はできます。

虫歯治療に関しては麻酔を使うことも多いですが、歯科医院で使う麻酔薬も局所麻酔なので、使えることが多いです。

ただし歯科医院によっては、かかりつけの産婦人科に使用したい麻酔薬を使用していいか、確認をとらなければできない場合もあります。

どちらにしても、麻酔薬を使用する場合は、いちど産婦人科に確認をしておくと、妊婦さん自身も安心できますね。

歯周病治療

歯周病は妊娠するとホルモンバランスが崩れてしまうため、歯周病が悪化しやすいです。

歯周病は赤ちゃんの早産や低体重出生などのリスクもあるため、早期の治療が必要です。

もちろん妊娠中も歯周病の治療は可能です。歯周病の治療としては、痛みがでないように歯石除去を行います。

そして歯の磨き方の正しいブラッシング方法などについて指導を受けます。

日ごろから歯周病予防するためには、正しいブラッシングと、フロスを使用することなので、それだけでも全然進み具合が違ってきます。

親知らずは抜歯できない

親知らずに関しては、妊娠中に抜くことはお勧めできません。親知らずは抜歯した後、炎症が酷くなる場合があります。

その場合は痛み止めと抗生物質を飲むことがあります。妊娠中は免疫力も低下しているので、親知らずを抜くと炎症が酷くなることも考えられます。

そのため、緊急時でなければ、出産が落ち着いた頃に抜くようにしましょう。

まとめ

妊娠中の歯の健康は、妊婦さん自身だけでなく、赤ちゃんにもとっても関係のあることだということが分かりました。

妊婦歯科検診は赤ちゃんのためにもとても大切なものなので、忘れずに必ず受診するようにしましょう。

また出産した後、赤ちゃんのお世話にかかりっきりで、ママは歯科検診に行く時間が取りづらくなってしまいます。

妊婦歯科検診で虫歯や歯周病を指摘されていた人は、ますます悪化してしまいます。

そのためパートナーや家族に赤ちゃんのお世話を頼んで、しっかり受診できるように工夫をしていきたいですね。

赤ちゃん、ママそれぞれ健康でいられるように、家族全員でフォローし合っていきましょう。