赤ちゃんのゲップが続く、うまく出せないときの対処方法

ゲップが出ない、うまく出せないときは…

新生児のころはまだ飲む量が少なくそれに伴ってお腹に入る空気の量も少ないので、ゲップがなかなか出ないことがあります。また、首が座っておらずぐらぐらしているので、うまく縦抱きができなかったり、赤ちゃんが寝てしまったりするのも出ない原因の一つです。

 

顔の向きや抱き方が違うとうまくゲップが出ないことがあります。首が大きく横を向いていると、気道がひねってしまいゲップが出にくくなりますし、縦抱きをしているときにママの胸や肩で、赤ちゃんの首や胸辺りの気管を圧迫しているときもゲップが出にくくなってしまいます。

 

何度か抱きなおしてみたり、背中をトントンと叩いても出ないときはしばらく縦抱きをし、それでも出ないときは赤ちゃんの頭を高めにして寝せ、しばらく様子を見ましょう。この時お腹が苦しくて機嫌が悪い時や、母乳やミルクをダラダラと吐き戻すときはもう一度しばらく縦抱きをしましょう。ゲップを出さないでいると赤ちゃんはお腹が張って苦しいので、機嫌が悪いことが増えたり、母乳やミルクを吐いたりします。授乳の度にゲップを出すのは大変ですが頑張りましょう。

 

母乳の赤ちゃんはお腹に入る空気の量が、ミルクの子に比べると少ないのでゲップが出ないこともありますが、空気が入っているとお腹が張って不機嫌になったり母乳を吐き戻すこともあるので、授乳後は必ず毎回ゲップが出るか確認しましょう。

 

ゲップの出し方についてはこちらを参考にしてください。