ベビーバスはいつまで使う?赤ちゃんはいつから大人と一緒にお風呂にはいれるの?【看護師が解説】

2ヶ月 男の子 入浴

もくじ

出産後、産院で赤ちゃんの沐浴の仕方を教わった方は多いのではないでしょうか。

いわゆるベビーバスで赤ちゃんだけを入浴させるものですよね。

赤ちゃんが大きくなり、沐浴させる大人も大変だけど、慣れているベビーバスの辞め時が見つからない…という方も多いはず。

でも、いざ一緒に入浴となったらどうしたらいい?と思うことも多いでしょう。

今回は、3人の母で看護師でもある筆者がお話しします。

新生児 沐浴

お風呂はいつから入れる?

沐浴とは

「沐浴」とは、厳密に言えば、汚れを落として、体をきれいにすることなので、入浴方法や年齢に決まりはありません。

しかし、赤ちゃんのお世話などの際に「沐浴」という言葉を使用する際は、大人と一緒に浴槽に入って入浴するのではなく、大人とは別にベビーバスなどで赤ちゃんが入浴することを「沐浴」ということが多いです。

沐浴はいつから?

これも、はっきりとした決まりはありません。

赤ちゃんの体調を見ながらです。

病院によっても考え方の違いがあり、出産後落ち着いたら早めに沐浴するところもあれば、赤ちゃんの皮膚についている胎脂(免疫や保湿などの役割もある)を必要以上に落とさないように、清拭のみで2,3日入浴はしないという考えもあります。

大人と一緒の入浴はいつから?

赤ちゃんの体調にもよるので、一概には言えませんが、基本的には1カ月健診を過ぎた頃です。

新生児を卒業する頃ですね。

生まれたばかりの赤ちゃんは、抵抗力が弱いので大人と一緒の入浴より雑菌の少ないベビーバスが推奨されています。

個人差はありますが、産後1カ月ぐらいはお臍も乾燥しておらず感染をおこしやすいのもあります。

また、親側の理由として、母親の場合は産後の出血がおさまるのに1カ月ぐらいかかることも多く、産後1カ月健診を終えてシャワーのみの生活から、浴槽への入浴が許可されることが多いからです。

赤ちゃんのお風呂の温度と時間沐浴に最適な温度は?

季節によって異なりますが、春から秋は38~39℃、冬場は40℃程度とされています。

個人差がありますが、大人が入って「少しぬるい?」と感じる程度でしょう。

入浴にかける時間は?

月齢差が大きいですが、ベビーバスを卒業したばかりの生後1カ月程度の赤ちゃんの場合です。

赤ちゃんが疲れないよう、洗って浴槽に使って入浴して…と全てで10分から15分程度がお勧めです。

浴槽に入る時間は、3分程度とします。

少し大きくなってくると時間は変わるの?

正解のないことなので、成長に伴い個人差も大きく水遊びも覚えるなど、1才になる頃には入浴時間は30分ほど、お湯につかる時間は数分ほど…に長くなってくることも多いです。

赤ちゃんの様子をよく観察し、親も赤ちゃんも無理のない範囲で入浴させましょう。

ちなみに、筆者の場合、一人目は入浴時間もしっかり考えていましたが、三人目となると上の子の遊びを中断させるのが難しかったり、洗う時間もかかり、上の子達に比べると倍ぐらいの長湯を経験させてしまいました。

お風呂の時間帯は?

ベビーバスでの沐浴となると、大人の都合の良い昼間にいれていた方も多いのではないでしょうか。

大人と一緒に入るとなると夜でいいの?と疑問に思うかもしれません。

授乳直後、離乳食直後などは避けた方が良いですが、決まりはないので、夜でも大丈夫です。

しかし、徐々に生活リズムが作られてくる時期なので、一日の一定の時間にいれてあげた方が生活リズムがつきやすいといわれています。

上の子やパパと入るなど、入浴する時間の調整が難しい場合は?

特に上の子がいる場合、昼間は上の子の付き添いで外出して…となるなど、一日の汚れを落とすために夕方から夜の入浴が増えますが、夜と決まっているわけではありません。

その日の生活パターンなどによっては、無理のないスケジュールになるよう、朝入浴しても大丈夫です。

土日はパパと入浴するから…今日は行事があるし…遠出するから…などでたまにお風呂の時間が変わるのは問題ないので、あまり神経質にならないようにしましょう。

赤ちゃんと一緒のお風呂が多く、ゆっくり入れない場合

また、お湯の温度は赤ちゃんにあわせる必要があるため、物足りない場合は赤ちゃんが出た後にゆっくり入るのもお勧めです。

母親がゆっくり入浴できていない場合は、頼める時に父親や祖父母に頼んでゆっくり入るなど、ストレスをためないようにしましょう。

低月齢のうちはなかなか難しく、季節にもよりますが、6ヵ月ぐらいになるとオモチャなどで遊び、多少なら浴室で待つこともできるようになるので、季節や赤ちゃんの様子にあわせて親も臨機応変に対応しましょう。

赤ちゃんのお風呂は1日何回?赤ちゃんのお風呂は一日1回でいいの?

赤ちゃんのお風呂の回数に決まりはありません。

大人と一緒に入浴するようになったら、基本的には大人と一緒の一日一回で大丈夫です。

夏場など体調を見ながら、汗を流すための入浴もお勧めですが、あまり頻回に入浴すると疲れてしまいます。

シャワーのみだと疲れにくいので、夏場に汗を流す程度でしたら、夜の入浴以外はシャワーのみにするのもお勧めです。

汗をかいたらお風呂にいれた方がいい?

赤ちゃんは大人より新陳代謝が活発で、汗をかくので、余裕があれば汗をかいた場合はお風呂にいれてあげると良いでしょう。

汗をかいたままだと、皮膚トラブルの原因にもなります。

しかし、大人と一緒に一日何回もお風呂にはいると大人も大変ですし、赤ちゃんも疲れます。

そのため、夜の入浴以外は赤ちゃんだけシャワーを浴びさせる、体を拭くだけにするなど、無理せず一日一回でも大丈夫です。

浴槽にはいらず、シャワーだけでも大丈夫?

赤ちゃんが汗をかいたけど、一緒にお風呂にはいるのは大変…という場合、赤ちゃんだけシャワーを浴びるのはどうでしょうか。

赤ちゃんがうんち漏れをしてしまった場合など、シャワーを浴びせる方はいますよね。

体が冷えないようにするなど、注意は必要ですが、気軽に出来るのでお勧めです。

浴室を暖めておく、着替えやタオルを用意しておくなど、基本的なことを気を付ければ大丈夫です。

汗をかくことが多い夏場は、気温など配慮することも減るので気軽にできますね。

忙しい時には、毎日はいらなくて大丈夫?

体調が悪い時は、入浴を控えることはありますよね。

それと同じで大丈夫です。

確かに毎日入浴できれば良いですが、親のコンディションを維持することも大切。

3人の母からすると、それで死なないし、成長に影響でないから気軽に子育てしよう!という気持ちです。

でも、忙しくてお風呂なしなんて、親としては罪悪感があるという気持ちもわかります。

入浴時間がない時は?

忙しい時は、シャワーだけにしたり、体を拭くだけにしたり。

おむつ替えのついでに、お股を洗ったり。

個人的な感想ですが、時間がない時は腰がすわるまでは、シャワーより体拭き、腰がすわってからは体拭きよりシャワーの方が簡単だった記憶があります。

体調が悪く、短時間で済ませたい時もお勧めです。

季節にもよりますので、特に汗をかく夏場は一緒に入浴できなくても、体のケアを心掛けましょう。

一人で赤ちゃんをお風呂に入れられる?

筆者はいわゆるワンオペ育児でした。

長期出張が多い夫だったので、休日に夫に頼んで…ということもできない状態。

二人で協力できたら、本当に楽なのですが、それが出来ない場合、一人でも出来る方法をたくさんありますので、お話します。

一人で入れる時の注意点は?

動ける大人が自分だけなので、とにかく事前準備が大切。

浴室の温度、お湯の温度、使用する石鹸類はもちろんのこと、入浴後に使用する赤ちゃんのバスタオルや着替え、親自身をふくタオルなど、入浴後の自分の導線を考えながら準備します。

また、親の着替えや、親自身を洗っている間に赤ちゃんを待たせておく安全な場所の準備も必要です。

浴室には赤ちゃんと同時に入るの?親自身を洗ってから赤ちゃんを迎えに行くの?

決まりがあるわけではないので、家の間取りや赤ちゃんの様子などから自分にあった方法を考えましょう。

洗面所にバウンサーなどを置き、親や上の子が洗っている間に待っていてもらう方法が一つ。

もう一つは一緒に服を脱ぎ、一緒に浴室へ入る方法とだいたい二通りです。

裸での移動は寒いのだけど…

赤ちゃんと一緒に入る場合、浴室の隣の洗面所で服を脱ぐと、寒くて狭く赤ちゃんを寝かせる場所がないこともありますよね。

ある程度広くて、洋服の準備や気温も整えられるリビングや寝室などで服を脱いで行くのがお勧めです。

しかし、浴室とリビングや寝室が離れていて冬場だと裸で移動が寒い…ということもよくあります。

その場合は、狭いのを覚悟で浴室の横にある洗面所で準備をするか、少しくらいの移動なら何か羽織って我慢するか…など完璧な方法はないものと考えましょう。

季節によっては全く問題のないこともありますし、暖房を強めにかけて廊下もあたためたり、ヒーターを置く場所を増やしたり…とそれぞれの環境にあった方法があります。

入浴中赤ちゃんはどうするの?

親自身が洗ってから、赤ちゃんを迎え入れる場合は良いですが、赤ちゃんと同時にはいった場合、親自身が洗っている間に赤ちゃんを待たせることになります。

季節によりますが、環境にあわせて、寒くなく安全な場所を考えましょう。

具体的には、浴室のドアから離れた場所が気温の変化は少ないです。

親自身が洗っている間に、ちょくちょくお湯をかけてあげると体も冷えにくくなります。

また、専用のグッズなどを使用して、赤ちゃんを浴槽内に一人でいれて待たせる方法もありますが、その場合は溺れることのないよう最新の注意が必要となります。

赤ちゃんの成長にあわせたお風呂用のおもちゃもあると、赤ちゃんが退屈してぐずることも減るかもしれません。

お互い、体を洗った後は一緒に浴槽にはいり、赤ちゃんにあわせて出るようにしましょう。

入浴後の着替えは?

入浴後、月齢や環境によっては、親が最低限着替える間は、浴室内のベビーチェアなどで待つ方法もあります。

赤ちゃんがひとりで移動してしまう危険が少なく、濡れた体でも浴室が寒くない場合、簡単に拭いた後、目の届く範囲なら浴室内で待たせるのもありです。

しかし、現実的には難しいことが多いので、赤ちゃんと一緒に濡れた体で洗面所やリビングなどにでてきて着替えをすることになります。

体に水分がついたままだと寒く感じるので、羽織りやすい大人用のバスローブや、さっとくるめる赤ちゃん用のバスタオルは便利です。

そして、事前に準備した服に着替えさせましょう。

赤ちゃんの着替えなど一通り済ましてからだと、大人も少し落ち着いて着替えらますね。

上の子と赤ちゃん、ひとりでお風呂いれられる?

上の子の入浴はどうなる?

同時に入れる場合は、上の子が着替えなど、どこまで一人でできるか、など上の子の年齢にもよります。

おおまかには、赤ちゃんと上の子を同時に入れる方法と、別々に入れる方法があります。

上の子と赤ちゃんを別々に入れる場合は?

上の子も赤ちゃんも、一人で待つという時間が発生しますよね。

洗面所などすぐ見えるところで待つのか、リビングで待つのかなど、安全な場所があるか、大人しく待てるか…などを考える必要があります。

安全に待てると判断した場合、別々に入れると親の手間は増えても、入浴後の着替えなどを同時に行う手間は減ります。

冬など体を冷やしたくない時は良いかもしれません。

上の子と同時に入浴させたい場合どうする?

こちらも、上の子と親自身を洗ってから、赤ちゃんを迎えに行く方法と、一緒に服を脱いで浴室に行く方法がありますよね。

この場合も、決まりはないので、親と上の子が洗っている間、洗面所で待つ方法。

または一緒にはいり、浴室内で赤ちゃんも待つ方法とあります。

一番安全と思われる場所で待つことができれば、脱衣所であろうと、浴室内であろうとどちらでも良いと思います。

そして、上の子と同時の場合、一番大変なのが入浴後の着替えではないでしょうか。

着替えや室温の調整など下準備を入念にしておくことはもちろんですが、上の子と赤ちゃんのどちらを先に着替えささえるのか、自分はどうするか…などの問題がありますよね。

着替えはどうする?2歳差の3人兄弟の筆者がとった方法

正解はありませんので、一例として考えてもらえると助かります。

筆者の場合は3人とも2歳半差でしたので、5歳児は着替えは、ほぼ自立。

2歳児はある程度の指示は理解するけど、着替えなどの身の回りのことはできない年齢でした。

一緒に浴室を出た後、3人(もしくは4人)同時に着替えることになります。

季節による差が大きい入浴ですが、筆者の場合2人目が生後1カ月の頃には冬、3人目が生後1カ月の頃には夏でした。

冬場は?

まずは、暖かい浴室内で子どもも自分も簡単に体をふき、自分はバスローブを羽織ります。

そして歩ける上の子におむつだけはかせて、自分は赤ちゃんを抱えて、着替えの用意のあるリビングに行きました。

その後、下の子の着替えにはロンパースなどが大変で時間がかかるので、赤ちゃんをタオルにくるんで寝かせた後、上の子を先に着替えさせていました。

そして、テレビをつけて上の子に見させている間に下の子を着替えさせます。

上の子の保湿クリームやドライヤーなど時間がかかることは、赤ちゃんに服を着せた後になっていましたね。

また、タオルにくるんで寝かせておけないぐらい動けるようになった頃には、洋服もセパレイトタイプになり着替えも楽になったこともあり、赤ちゃんを先に着替えさせてから、上の子を着替えさせていました。

夏場は?

基本的な流れは冬場と一緒です。

冷える心配が少ない分、体をしっかり拭いて浴室をでなきゃ、早く着替えさせなきゃという焦りは少なかったです。

上の子がオムツ一枚で歩いていても、気にならない季節…ということもあり、先に赤ちゃんの着替えをしていました。

赤ちゃんが動けるようになったのは冬場でしたが、それでも赤ちゃん→上の子という着替えの順番は同じでしたね。

本当に季節や、成長にあわせてかわっていくので、自分にあった方法が一番です。

年齢差による違いは?

筆者の場合は、2歳半差で3人の子どもがいましたので、赤ちゃんがお風呂デビューの頃の上の子は2歳半か5歳でした。

2歳半は、まだ着替えの世話が必要で赤ちゃんとどちらを先にお世話するか…の問題が発生しましたが、5歳となると洗う時、拭く時に手伝うぐらいなので、非常に楽でした。

着替えは自立していますし、何なら赤ちゃんの遊び相手もしてくれます。

もちろん、同じ年齢でも個人差の大きいことなので、子どもの自立度に応じてどこまでお世話をするか…を考えて準備をしておくと行動しやすいのではないでしょうか。

筆者の場合、一人目は2歳半の時、着替えは全介助状態でしたが、二人目は2歳半の時には自分でオムツとズボンははけたので個人差もありますね。。

二人でいれる場合は?

赤ちゃんをお風呂にいれる際に、大人が二人いれば、一人でいれる時に比べれば、各段に楽だと思います。

どのような流れになる?

決まりがあるわけではありませんが、一人が浴室で待機し、赤ちゃんを連れてきてもらい洗う。

終わったら声をかけて赤ちゃんをわたし、着替えさせてもらうという流れが多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの入浴後などに、入浴させた大人も一人でゆっくり入れる時間も作りやすいですよね。

両親で分担する場合、どちらが入浴させるという決まりはありませんが、入浴後に母乳をあげたい場合などは、母親が赤ちゃんを受け取る役目になるとスムーズです。

二人だからこそ気を付けること

両親で分担するけど、父親が普段からお世話や準備に慣れていない…という場合は、事前にしっかりと手順を伝えたり、細かな用意などは普段から理解している母親などが行う方がスムーズかもしれません。

一人で入浴させるのと同じように、事前準備をしっかりさせましょう。

お風呂に入れるときに必要なグッズ

あったら安心、便利というグッズは多いですが、他の物で代用できることもあるので、必ず必要なグッズというのは少ないかもしれません。

今回は必要度の高いものをご紹介します。

赤ちゃん用の石鹸

大人と同じものだと、赤ちゃんにとっては刺激が強く乾燥など皮膚トラブルを起こしやすくなります。

低刺激性のものがあると安心です。

保湿クリーム

産後の沐浴から使用しているという方も多いのではないでしょうか。

大人と一緒に入るようになっても使用することをお勧めします。

バスチェア

お風呂で赤ちゃんが座ったり横になったりして、待つ場所として使用できます。

100均のバスマットなどでも代用できますが、動くようになってくると、バーなどのついているバスチェアがお勧めです。

個人的には、特に上の子がいる場合は、ずっと抱っこをするなど、気を付けるのも難しいので必要度は高かったです。

あったらいいグッズ

お風呂の環境も、人手も家庭によって様々なので、あったらいいなという物も家庭により異なります。

一例ですが、グッズを紹介します。

湯度計

ベビーバス用に持っているという方も多いかもしれません。

現代では、自動で設定した温度にお湯が沸くことが多いですが、一緒に入っていると普段よりぬるい温度がよくわからなくなることもあります。

手で確かめることもできますがあると安心です。

滑り止めマット類

洗い場、浴槽内においておくと安心です。

赤ちゃんはもちろんのこと、赤ちゃんに気をとられ大人もうっかり…ということにも注意しましょう。

お風呂用オモチャ

親や上の子がいる場合、待つ時間というのが増えてくるので、愚図らず待てるようにオモチャがあると良いでしょう。

お風呂が楽しいと思えるようにもなります。

親用バスローブ

子どもと入浴した後に、子どもの着替えをする間に濡れた体で羽織れるものです。

バスタオルでも大丈夫ですが、さっと羽織れて腕も通せるので、水が滴ることも少なく、お勧めです。

赤ちゃん用バスローブ

入浴後にさっとくるみやすく、上の子の着替えの間、待たせたい…という場合にも便利です。

親用と同じく、バスタオルでも代用できます。

シャワーフック

赤ちゃんを洗う間、既存のシャワーフックとは別の場所で、ちょっとシャワーから手を離したいなどの時に便利です。

好みの場所にシャワーを固定でき、100均などにもあるので、お勧めです。

まとめ

早く赤ちゃんと一緒にお風呂にはいりたい、親子のスキンシップをとりたい、と思っていた方は多いはず。

赤ちゃんと一緒の入浴は、沐浴以上に気を使うことが多いですよね。

上の子もいる場合は、なおさらです。

私自身、ここでお話ししたことを一人目は実践していても、三人目はできないことも多かったですが…同じく元気に育っています。

赤ちゃんにあわせることも大切ですが、赤ちゃんを育てる側のコンディションにあわせること同じぐらい大切ではないでしょうか。

赤ちゃんにとっても、家族にとってもまわりが笑顔でいられることが一番です。

どうしよう?できない…と困ってしまったら「これで死ぬか?」と自分に問うと冷静になれたりしました。

絶対こうしなきゃ!と思わずに、基本の入浴方法は参考程度にし、自分にあった方法が見つかることを願っています。