斜視の症状、治療方法、ホームケア

斜視とは

赤ちゃんと子供の病気 斜視 

物を見るときに片方の目が、目標の物の方へ向かないことを斜視と言います。赤ちゃんの場合は内側の白目が見えにくいので、斜視と間違われる偽斜視のケースも多いです。斜視のまま物を見ていると視力が低下してしまうので治療が必要です。
 

まれに斜視の原因が脳腫瘍や網膜芽細胞腫などの大きな病気の場合もあるので注意が必要です。

斜視の症状

斜視の原因は様々で、症状も様々です。
乳児内斜視
生後3~6ヶ月以内には起こり、黒目が大きく内側に寄ってしまいます。放置すると視力が発達せず弱視になってしまうこともあります。
調節性内斜視
物を見るようになる1~3歳頃に発生することが多い内斜視で、強度の遠視が原因になることが多いです。物を見るときにピントを合わせるために黒目が内側に寄ってしまいます。
間歇性外斜視
ぼーっとしているときや遠くを見ているときに黒目が外側に寄ってしまいます。近くを見るときは正常に戻ります。
偽斜視
赤ちゃんは目と目の間が広く、その部分に脂肪が多いので内斜視と間違われることがあります。視力や目に異常はありません。
上下斜視
黒目が上側や下側に寄ってしまいます。
原因は目を動かす筋肉の異常や神経の麻痺、近視や遠視、眼球の異常、脳の異常など様々で、大きな病気が原因で斜視になっていることもあるので、異常を感じたら必ず早めに専門医に診てもらいましょう。

 

赤ちゃんと子供の病気 内斜視 外斜視  赤ちゃんと子供の病気 内斜視 外斜視 

内斜視 / 外斜視

斜視の治療法

眼鏡での矯正や手術、トレーニングなどがあり、原因や症状によって異なります。治療は医師の説明をしっかり聞き、心配なことがあれば必ず相談し治療を行いましょう。

斜視のホームケア

日ごろからお世話をするときに、赤ちゃんの目をしっかりと観察しておきましょう。少しでもおかしいなと思ったら病院を受診するようにしましょう。斜視が遺伝するかしないかは詳しくわかっていないことも多いですが、遺伝子やすいケースもあると言われているので、親や兄弟など近親者に斜視の人がいる場合は注意しておく方がいいと思います。

 

病院を受診する際にフラッシュを使用していて赤ちゃんがカメラの方をしっかりと向いている写真を持っていくと参考になります。フラッシュは目に連続で何度もあてるのはよくないので気をつけましょう。