授乳中のカフェイン摂取で赤ちゃんへの影響は?

コーヒーや緑茶が母乳や赤ちゃんに与える影響は?

コーヒーや緑茶、栄養ドリンク剤などにはカフェインが含まれており、ママが摂取したカフェインはママの血液中に溶け出します。そのため、母乳にもカフェインが含まれるようになります。そのため、カフェインを摂取した後の母乳を授乳すると赤ちゃんもカフェインを摂取してしまいます。

 

カフェインには興奮作用、覚醒作用、利尿作用、疲労回復作用など様々な作用があります。一見体に良いように思いますが、体の小さい赤ちゃんには大人以上にカフェインの作用が現れてしまいます。また、カフェインを多量摂取し続けると乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症の確立が上がると言われています。カフェインを摂取すると赤ちゃんはあまり眠らなくなってしまったり、上手く寝付けないのでぐずることが増えるなどの状態が増えることがあります。このような状態は赤ちゃんにもママにもストレスとなるので、授乳中はカフェインの摂取をできるだけ控えるのが賢明でしょう。

 

しかし、コーヒーが好きな人は飲めないことがストレスに感じると思います。その場合は、カフェインレスのもので代用するのがおすすめです。カフェインレスの物もカフェイン含有の物と味もあまり変わらず美味しく作られています。カフェインが含まれるものはコーヒーだけではなく、紅茶や緑茶、ウーロン茶にも多く含まれます。紅茶にもカフェインレスの物が販売されていますし、お茶には麦茶やルイボスティーなどのカフェインが含まれないものもあるのでそれらを選ぶようにしましょう。

 

カフェインをコーヒー1,2杯程度の量を摂取してしまった場合は、あまり神経質に心配する必要はありませんが、エスプレッソや玉露などでカフェインを多量に摂取してしまった場合はしばらく時間を空けてから授乳するようにしましょう。