子供の歯列矯正の費用はいくらくらいかかるの?【歯科医が解説】

子供の歯並びが気になったときの治療は、矯正治療です。

矯正治療と一言で言っても、成長期にある子供の特性を生かして、矯正治療を行なう必要がありますので、いろいろな方法があります。

もちろん、矯正治療は保険診療が使えませんので自費診療となるのですが、子供の矯正治療も方法によって値段が変わってきます。

矯正治療には高額というイメージがついていますから、どの治療にどれくらいの費用がかかるのか不安に思う方も多いことでしょう。

そこで今回は、子供の矯正治療の種類と費用について解説します。

子供の矯正の時期

子供の矯正治療は、何歳頃から始められるのでしょうか?

それは6歳頃からです。意外と早い時期から受けられるのです。

そんな子供の矯正治療は、1期治療と2期治療にわけて行なわれます。

1期治療

1期治療とは、永久歯と乳歯が混在している時期、歯科医師が混合歯列期とよんでいる時期に行なう矯正治療です。

年齢的には6歳頃から12歳頃までとなります。

この時期の特徴は、矯正治療に成長発育が利用できる点です。

そのために、骨格の形を整えたり、抜歯しなくてもいいようにしたりできる利点があります。

2期治療

2期治療は、乳歯が完全に永久歯に生えかわった時期、つまり永久歯列期とよばれる時期の行なう矯正治療です。年齢的には12歳前後以降となります。

1期治療をしても完全にきれいにならなかったような場合に行なわれますので、もし1期治療で歯並びがきれいに整えられれば、2期治療は行なわれません。

2期治療では、歯を1本ずつきれいにならべていきます。

子供の矯正の種類

子供の矯正治療では、大人では使わないような矯正装置を使います。

もちろん、症例に応じて使い分けますので、紹介したものを全て使うわけではありません。

取り外し式拡大装置(床装置)

顎の内側につける、顎のサイズが小さな子供のお口を大きくする装置で、取り外し可能なタイプです。

一般的には学校から帰って来てから翌日までの間、夜間を中心に1日12時間程度装着します。

上顎、下顎のの内側につけるので、お口を見てもワイヤーしか見えませんからあまり目立ちません。

真ん中にネジがついていて、ネジを回して顎の骨を少しずつ大きくしていきます。

1日24時間つけているわけではないので、次に紹介する固定式拡大装置ほど早く大きくなりません。

そのため、緩徐拡大装置というよびかたをされることもあります。

費用は、30000円から50000円ぐらいが多いようです。

固定式拡大装置

上顎や下顎の歯にバンドをつけてそのバンドにワイヤーを通して顎の骨を大きくしていきます。

固定式拡大装置は、取り外しできないので24時間にわたって効果を発揮しますから、取り外し式拡大装置と比べると、早く確実に大きくすることが出来ます。

固定式拡大装置は、取り外し式拡大装置よりも効果が早いので、急速拡大装置というよばれ方もされます。

費用は、50000円から80000円ぐらいが多いようです。

咬合斜面板

咬合斜面版は、下顎が小さいために出っ歯になっている場合の治療に使われる装置です。

咬合斜面版は、上顎に装着します。

咬合斜面版の上顎前歯の内側部分は盛り上がった形になっています。咬合斜面版をつけると、下顎の前歯が盛り上がった部分に接触し、下顎が前方へ自然と滑るようになっています。

この働きで、下顎が前方へ成長するように誘導するのです。

費用は、30000円から80000円ぐらいが多いようです。

機能的顎矯正装置(アクチバトール)

機能的顎矯正装置は、上顎の骨が大きいのが原因の出っ歯の症例の治療に使われます。

機能的顎矯正装置をつけると下顎が少し前に出た状態になります。そのために下顎は元の位置に戻ろうとしますが、この時の働きを利用して、上顎の前歯を内側に動かし、下顎を前方に成長発育させるのです。

費用は、30000円から80000円ぐらいが多いようです。

リップバンパー

第一大臼歯、いわゆる六歳臼歯にチューブをつけたバンドを装着し、そのチューブに1本の太いU字型のワイヤーを通します。

ワイヤーの唇の裏側に当たる部分には、コンポジットレジンというプラスチックが盛りつけてあります。

唇がこの部分にあたることで、唇の力で第一大臼歯が後ろに下がるようにします。

そして、唇が前歯に当たらなくなるので、前歯の歯並びが前方へ広がる効果も得られます。

この2つの働きで、歯並びを整えるのがリップバンパーです。

費用は、30000円から60000円ぐらいが多いようです。

トゥースポジショナー

トゥースポジショナーは、本来は矯正治療が終わった後に歯並びが後戻りを起こして、再び悪くなってしまうのを防ぐための装置です。

しかし、少しの範囲なら歯の位置を調整する効果もあることから、リップバンパーである程度歯並びを整えた後に、仕上げをするような感じで、子供の矯正治療に応用されることがあります。

費用は、40000円から70000円ぐらいが多いようです。

保険適用はされる?

女性

子供の矯正治療は、保険診療の適応を受けていませんので、基本的には自費診療となります。

なお、骨格の異常によって噛み合わせの異常が生じる顎変形症という病気の治療に対しては保険診療の適応があります。

ただし、成長発育の途上では、顎骨の形に異常があるかどうかは判断できませんし、顎変形症の治療には、顎骨の異常を治す外科手術が必要となります。

成長途上では、顎骨の手術はできません。

したがって、成長発育が終わってからでないと、顎変形症の治療は受けられません。

子供の矯正治療には、保険診療は使えないと考えてください。

治療中にかかる費用

子供の矯正治療は、自費診療となります。

各歯科医院で独自に料金を設定していますので、料金は歯科医院ごとに違いますし、支払い方法もやはり違ってきます。

地域によっても違います。

ここで紹介する費用は、あくまでも参考程度としてください。

1期治療

混合歯列期である1期治療では、15万円から60万円の範囲が多いようです。

60万円と聞くと確かに高額に聞こえますが、6年かければ1年間で10万円、1月8000円くらいとなります。

この金額を一度に支払うことはほとんどなく、矯正装置をつけるときには装置の費用を支払っていただき、その後の定期的なチェックのときは5000円〜7000円くらいを支払うような支払い方法をとっているところが大多数です。

2期治療

永久歯列期である2期治療になると料金が高くなります。

50万円から100万円くらいと、大人の矯正治療とほとんど変わらない料金になります。

こちらも、一度に支払うことはまずありません。

装置を装着したときに装置の費用を支払い、装置を新たに装着しない定期的な受診の際には6000円から8000円くらいを支払うというような支払い方法になっているところが多いようです。

治療後にかかる費用

大人の場合は、矯正治療が終わった後、保定装置とよばれる後戻りを防ぐ装置を装着しますが、子供の矯正治療では後戻りを起こす可能性が低く、保定装置が使われる場合は稀です。

保定装置が必要なときでも、その費用は矯正治療に含まれていることが多く、矯正治療後に何らかの費用がかかってくることはあまりありません。

ただし、矯正治療は自費診療ですから、それぞれの歯科医院で独自の料金体系をとっています。

詳しいところは、矯正治療を受ける歯科医院でご相談下さい。

まとめ

子供の矯正治療は、おおむね6歳以降なら受けられます。

子供の矯正治療には、子供自身が成長途上にあるため、成長の段階に応じたいろいろな方法があります。

それぞれの子供の状態に適した方法を選ぶことが大切です。

そして、気になる料金ですが、やはり矯正治療の方法によって異なります。

今回は一般的に多い料金体系を紹介しましたが、正確な費用はそれぞれの歯科医院で独自に設定していますから、詳しいところは受診する歯科医院でご相談下さい。